自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOMEお知らせ市からのお知らせ橋梁長寿命化計画及び橋梁点検結果について

南アルプス市橋梁長寿命化修繕計画

背景

南アルプス市が管理する市道上の道路橋は、平成26年3月現在で323橋あります。
このうち、推定を含めると既に建設後50年を経過している橋梁は5%あり、20年後の平成45年度には、急激に増加し73%に達します。
一般的に橋梁の更新は、建設後50~60年といわれていますので、今後、橋梁の維持管理費や更新費が急激に増加していくことが予想されます。

目的

予算が限られる中、効率的で合理的な維持管理が求められることから、損傷がひどくなってから修繕工事を行う従来の対処療法型(事後保全型)管理から、予防保全型(長寿命化型)管理へと管理手法を転換することで、ライフサイクルコストの縮減と維持更新費の平準化を図ることを目的に、平成26年3月に「南アルプス市橋梁長寿命化修繕計画」を策定しました。

 

南アルプス市橋梁定期点検結果

平成26年度に道路法施工規則が一部改正されたことにより、道路橋等は、国の定める統一的な基準により、5年に1度、近接目視による点検が義務付けられました。

南アルプス市における、道路橋の点検結果は以下のとおりです。

 

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る