自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME健康・福祉障がい者支援自立支援医療自立支援医療(更生医療)
HOME目的から探す障がい者支援自立支援医療自立支援医療(更生医療)

自立支援医療(更生医療)とは

更生医療とは、身体に障がいがあるかたの自立と社会経済活動への参加の促進を図るため、当該身体障害者に対して行われる、更生のために必要な医療に係る医療費を支給するものです。
つまり、身体に障がいがあるかたが、身体の機能障害を除いたり、軽減して日常生活を容易にするためにペースメーカー等の手術や人工透析等の治療を受ける場合に指定医療機関で給付を受けられる制度です。

対象となるかた

18歳以上で該当する障害の身体障害者手帳を保持するかたです。(18歳未満のかたは、自立支援医療(育成医療)が適応されます。)
障害の等級によらず医療の必要性に応じて判定します。

障害別による更生医療の例

有効期間は原則3ヵ月以内、人工透析療法など長期に及ぶ場合には最長1年以内

申請に必要な書類

次の書類をそろえて、市役所保健福祉部障がい福祉課もしくは各窓口サービスセンターに申請してください。
注意 原則として事前申請が必要です。
注意 所得に応じ、一部自己負担があります。

申請書については、市役所保健福祉部障がい福祉課または各窓口サービスセンターにあります。

公費負担額及び自己負担額

公費負担額

  1. 医療に要する費用。ただし、各種医療保険等を先に適用します。
  2. 介護保険法による訪問看護、訪問リハビリテーション、医療機関の通所リハビリテーション、介護療養施設サービスに要する費用(更生医療に関するものに限る。)。ただし、介護保険を先に適用します。

自己負担額

医療費の原則1割及び入院時の食事療養・生活療養に係る標準負担額の負担があります。
ただし、「世帯」の所得や疾病等に応じて、自己負担上限月額が設定されます。

自己負担額についての詳細は、「自立支援医療について」をご確認ください。

介護保険と併用する場合

介護保険の医療系サービスの一部が更生医療に該当する場合がありますが、その場合は、介護保険適用後の1割の本人負担分が更生医療の対象になります。

介護保険の詳細については「介護保険制度の概要」をご確認ください。

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る