自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME健康・福祉介護支援介護保険制度介護保険制度の概要
HOME目的から探す高齢者・介護高齢者介護支援介護保険制度の概要

介護保険制度とは

介護保険制度は、住み慣れた地域でいつまでも健やかに暮らせるように、また介護が必要になっても、安心して自立した生活を送れるように、社会全体で支えていこうという制度です。
介護保険は、日常生活を送る上で介護が必要となったかたにサービスを提供するものです。
サービスを利用されるかたが1割または2割を負担し、残りの9割または8割は介護保険から支払われます。

介護保険のしくみ

加入者(被保険者)(40歳以上のかた)と南アルプス市(保険者)とサービス事業者の関係を表す図。加入者はサービス事業者に利用者負担の支払いをし、代わりに介護サービスの提供を受ける。加入者は南アルプス市に保険証の納付・要介護認定の申請をし、南アルプス市は加入者に保険証の交付・要介護認定を行う。南アルプス市はサービス事業者に介護報酬の支払いをする。

介護保険の被保険者

40歳以上のかたが被保険者(加入者)となって保険料を負担し、介護や支援が必要であると認定されたときに原則としてサービス費用の1割または2割を支払って介護サービスを利用するしくみとなっています。
利用できる介護サービスについては「介護予防サービスの種類(対象 要支援1・2のかた)」、「居宅介護サービスの種類(対象 要介護1から5のかた)」をご確認ください。
介護サービスを利用できる条件については次の通りです。

第1号被保険者

65歳以上のかた

第2号被保険者

40から64歳のかた

介護保険で対象となる病気(特定疾病)

保険料の納めかた

保険料の納めかたの詳細につきましては、「 介護保険料について」をご確認ください。

介護サービスの利用料

介護サービスの利用料については、原則として、利用したサービス費用の1割または2割を負担します。

介護保険の利用について

被保険者が日常生活に支援が必要な状態になったとき、介護福祉課に要介護認定の申請をします。
要介護認定の結果により受けられるサービスが異なります。
要介護認定を受けた場合は介護サービスを、要支援認定を受けた場合は介護予防サービスを受けることになります。
サービスを受けるためには、要介護の場合は介護支援専門員(ケアマネジャー)に、要支援の場合は南アルプス市地域包括支援センターでそれぞれサービス計画を作成してもらう必要があります。
サービス計画とは、利用者の状況や家族の希望などに応じてサービスの内容を決めることです。

要介護認定とは

調査員が訪問し心身の状況などを聞き取りながら確認し、全国共通の調査票に記入します。
介護認定審査会が調査票に基づいた一次判定結果や主治医の意見書などをもとに、介護の必要性とその程度の判定をします。
主治医の意見書とは、市役所から主治医に依頼するものです。

要介護認定の申請に必要なもの

窓口

南アルプス市役所 保健福祉部 介護福祉課または各支所窓口サービスセンター

要介護認定等に関するお問い合わせ

介護福祉課 介護保険担当
電話番号 055-282-6179

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る