自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置

納税義務者(所有者)が死亡している場合で、毎年1月1日までに土地や家屋の相続登記が完了しない見込みのとき、翌年度の固定資産税の賦課期日である1月1日現在において、登記上の所有者は亡くなられた方(被相続人)の名義のままとなってしまい、固定資産税の課税にあたって不都合が生じます。

土地や家屋の相続権をお持ちの方の中から代表者を指定していただき、相続登記が完了するまでの間、代表者の方に市税にかかる賦課徴収及び還付に関する書類の受領をしていただきます。

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る