自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOMEくらし道路・交通道路・交通に係わる申請市道用地寄附・用途廃止

市道用地への寄附について

公共的価値がある私有の道路敷地(私有地)について、所有者からの寄附の申し出により、生活道路の幅員(道幅)などが市の基準等を満たし、市道と隣り合わせになっているなど条件を満たしていれば、私道を市が寄附を受けて市道と認定し、その後は市が道路を維持・管理します。市へ寄付していただくには、原則として一定の条件を満たしていることが必要になります。また、これらは道路の適正な管理と道路網の整備を図ることを目的としています。

主な私道の寄附の条件

詳細につきましては、建設部用地管理課までお問い合わせください。

主な敷地の寄附の条件

主な必要書類

  1. 寄附申込書
  2. 所在図
  3. 登記承諾書
  4. 寄附土地の全部事項証明など

必要書類につきましては、関連記事の「市道用地寄附・用途廃止に必要な書類」よりダウンロードしていただけます。

他にも必要な書類等がございますので、事前に用地管理課までご確認ください。

寄附を受けた道路について

寄附していただいた道路については、整備を必要とする場合は市の負担で行い、道路の維持管理をしていきます。

提出窓口

建設部 用地管理課

市道用地の用途廃止について

用途廃止とは

用途廃止とは、特定の行政目的(道路・水路等)などに使われていた行政財産を、その目的に使う必要がないものと認めてその用途を廃止し、普通財産 (行政目的でない財産)にする手続きをいいます。

用途廃止は、公共物の払い下げを受けようとする場合、用途廃止して普通財産(行政目的でない財産)に しないと払い下げができないことなどから必要になる手続きです。申請には、用途廃止にする土地と隣り合わせになっている土地の所有者、利害関係人、地元代表者等 の同意を得ていただく必要があります。また、境界を確定したり、測量図の作成が必要です。

法定外公共物用途廃止申請などにつきましては、関連記事の「法定外公共物用途廃止申請と寄附受納願」をご確認ください。

市道の用途廃止について

市道の用途を廃止するには一定の条件を満たさなければ用途廃止することはできません。

用途廃止の主な審査項目

主な必要書類

  1. 申請書(様式第10号に準ずる)
  2. 位置図
  3. 公図
  4. 境界確定図
  5. 利害関係人等の同意書(様式第12号に準ずる)
  6. 地籍測量図など

必要書類につきましては、関連記事の「市道用地寄附・用途廃止に必要な書類」よりダウンロードしていただけます。

詳しくは、事前に用地管理課までお問い合わせください。

提出窓口

建設部 用地管理課

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る