自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOMEくらし税金軽自動車税自動車税等の減免制度について
HOME目的から探す税金軽自動車税自動車税等の減免制度について

身体障害者または、精神障害者が所有する軽自動車等(その者と住居と生計を一にする者が所有する軽自動車等を含む)で、次のもの等について申請することにより、軽自動車税が減免されます。

障害者本人が運転する場合

次に該当する障害を有するかたが取得、または所有し、自ら運転する自家用車1台について減免を受けることができます。

障害の区分と等級

障害の区分と等級
障害の区分 本人運転
身体障害者手帳所持者(赤) 視覚障害 1級から4級
聴覚障害 2級・3級
平衡機能障害 3級
音声機能障害 3級(喉頭摘出による音声機能障害がある場合に限る)
上肢不自由 1級・2級
下肢不自由 1級から6級
体幹機能障害 1級から3級・5級
乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害 上肢機能 1級・2級
移動機能 1級から6級
心臓機能障害 1級・3級
腎臓機能障害 1級・3級
呼吸機能障害 1級・3級
ぼうこう又は直腸機能障害 1級・3級
小腸の機能障害 1級・3級
人免疫不全ウイルス
による免疫機能障害
1級から3級
肝機能障害 1級から3級
戦傷病者手帳所持者(黒) 視覚障害 特別項症から第4項症
聴覚障害 特別項症から第4項症
平衡機能障害 特別項症から第4項症
音声機能障害 特別項症から第2項症(喉頭摘出による音声機能障害がある場合に限る)
上肢不自由 特別項症から第3項症
下肢不自由 特別項症から第6項症及び第1款症から第3款症
体幹機能障害 特別項症から第6項症及び第1款症から第3款症
心臓機能障害 特別項症から第3項症
腎臓機能障害 特別項症から第3項症
呼吸機能障害 特別項症から第3項症
ぼうこう又は直腸機能障害 特別項症から第3項症
小腸の機能障害 特別項症から第3項症
肝機能障害 特別項症から第3項症
療育手帳所持者(赤)
精神障害者保健福祉手帳

障害者と生計を一にするかた、または障害者のみで構成される世帯の障害者を常時介護するかたが運転する場合

次に該当する障害を有するかたが取得、又は所有する自動車で「もっぱら」障害者の通学、通院、通所若しくは生業のために、障害者と生計を一にするかたが運転する自家用車1台について減免を受けられます。

この「もっぱら」とは、自動車を障害者の用に継続して、日常的に運転することをいい、「継続して」とは少なくとも1年以上の間、日常的にとは、少なくとも週3日以上を意味します。

ただし、障害者の用に使用する日数が、総使用日数50パーセント以上である場合若しくは障害者の用に使用する日数が50パーセント未満でその走行距離が総走行距離の50パーセント以上である場合には、日常的に運転するものとします。

障害者のみで構成される世帯の障害者を常時介護するかたが運転する場合

次に該当する障害を有する障害者のみで構成される世帯(障害者及び未成年者若しくは70歳以上の者のみの世帯を含む。)の障害者が取得又は所有する自動車で、もっぱら障害者の通学、通院、通所若しくは生業のために、障害者を「常時介護するかた」が運転する自家用車1台について減免を受けられます。

この「常時介護するかた」とは、上記世帯の障害者が取得、又は所有する自動車をもっぱら障害者の通学等のために、継続して日常的に運転するかたをいいます。

障害の区分と等級

障害の区分と等級
障害の区分 家族運転・常時介護者運転
身体障害者手帳所持者(赤) 視覚障害 1級から4級
聴覚障害 2級・3級
平衡機能障害 3級
音声機能障害
上肢不自由 1級・2級
下肢不自由 1級から3級
体幹機能障害 1級から3級
乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害 上肢機能 1級・2級
移動機能 1級から3級
心臓機能障害 1級・3級
腎臓機能障害 1級・3級
呼吸機能障害 1級・3級
ぼうこう又は直腸機能障害 1級・3級
小腸の機能障害 1級・3級
人免疫不全ウイルスによる免疫機能障害 1級から3級
肝機能障害 1級から3級
戦傷病者手帳所持者(黒) 視覚障害 特別項症から第4項症
聴覚障害 特別項症から第4項症
平衡機能障害 特別項症から第4項症
音声機能障害
上肢不自由 特別項症から第3項症
下肢不自由 特別項症から第3項症
体幹機能障害 特別項症から第4項症
心臓機能障害 特別項症から第3項症
腎臓機能障害 特別項症から第3項症
呼吸機能障害 特別項症から第3項症
ぼうこう又は直腸機能障害 特別項症から第3項症
小腸の機能障害 特別項症から第3項症
肝機能障害 特別項症から第3項症
療育手帳所持者(赤) A
精神障害者保健福祉手帳 1級

減免の申請手続き

次の書類を申請期間内に本庁税務課に提出してください。ただし、障害者1人に対して1台(普通自動車及び2輪車も含む)に限ります。また、福祉タクシー利用助成制度、高齢者タクシー利用助成制度を受けているかたも対象外になります。

申請期間

納税通知書が届いた日から納期限の1週間前までです。
申請期限を過ぎた場合は、その年度の減免は受けられません。必ず期間内に申請をお願いします。

必要書類

軽自動車税減免申請に必要な書類につきましては「軽自動車税の減免申請」よりダウンロードしていただけます。

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る