自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME記事鏡中條体育館の使用料の徴収の業務委託について

本市では、南アルプス市鏡中條体育館の使用料の徴収について、業務委託を行っています。このことから、地方自治法施行令第158条第2項及び南アルプス市財務規則第52条第2項の規定により、次のとおり公表します。

 

委託先 徴収事務の範囲 委託期間 所管課
中山 武彦 南アルプス市鏡中條体育館の使用料 令和3年4月1日から令和4年3月31日 教育委員会事務局 生涯学習課

 

 

地方自治法施行令(抜粋)

(歳入の徴収又は収納の委託)

第百五十八条 次の各号に掲げる普通地方公共団体の歳入については、その収入の確保及び住民の便益の増進に寄与すると認められる場合に限り、私人にその徴収又は収納の事務を委託することができる。

一 使用料

二 手数料

三 賃貸料

四 貸付金の元利償還金

2 前項の規定により歳入の徴収又は収納の事務を私人に委託したときは、普通地方公共団体の長は、その旨を告示し、かつ、当該歳入の納入義務者の見やすい方法により公表しなければならない。

3 第一項の規定により歳入の徴収又は収納の事務の委託を受けた者は、普通地方公共団体の規則の定めるところにより、その徴収し、又は収納した歳入を、その内容を示す計算書を添えて、出納長若しくは収入役又は指定金融機関、指定代理金融機関、収納代理金融機関、収納代理郵便官署、収納事務取扱金融機関若しくは収納事務取扱郵便官署に払い込まなければならない。

4 第一項の規定により歳入の徴収又は収納の事務を私人に委託した場合において、必要があると認めるときは、会計管理者は、当該委託に係る歳入の徴収又は収納の事務について検査することができる。

 

南アルプス市財務規則(抜粋)

(収納事務の委託)

第52条 市長は、政令第158条第1項、第158条の2第1項又は介護保険法(平成9年法律第123号)第144条の2の規定により歳入の収納の事務を私人に委託しようとするときは、会計管理者に協議するものとする。

2 市長は、前項の規定により委託したときは、委託した事務、委託を受けた者、徴収又は収納の手続その他必要な事項を公表しなければならない。

3 前項の規定により歳入の収納事務の委託を受けた者(以下「収納事務受託者」という。)は、歳入を収納したときは、納入者に対し領収証書を交付しなければならない。

4 収納事務受託者は、収納した現金を速やかに会計管理者又は指定金融機関等に払い込まなければならない。この場合において、会計管理者に払い込むときは、受託収入内訳書(様式第43号)及び領収済通知書等を添えるものとし、指定金融機関等に払い込むときは、現金払込書及び受託収入内訳書を添えるとともに、領収済通知書等を会計管理者に送付するものとする。

5 前項の場合において、収納事務受託者は、受託収入の内訳が明確なるものと会計管理者が認めたもの(当該事項を記録した電磁的記録を含む。)を送付することにより、受託収入内訳書及び領収済通知書等の送付に代えることができる。

6 収納事務受託者は、現金出納簿を備え、現金の収納及び払込みについて記載しなければならない。

7 前各項に定めるもののほか、収納事務の委託について必要な事項は、その都度別に定める。

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る