自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME記事七面大明神像 期間限定特別公開決定!『開削350年 徳島堰』

ふるさと文化伝承館令和2年度テーマ展「開削350年 徳島堰」

七面大明神像(了円寺所蔵)期間限定特別公開

七面さん837_n.jpg 

 

公開期間


11月17日(火)~30日(月)  期間限定特別公開

 

会場


ふるさと文化伝承館テーマ展「開削350年 徳島堰」にて

 


徳島堰を守る女神
了円寺様所蔵の七面大明神像を期間限定で特別に展示いたします。


通称「七面さん」は、徳島兵左衛門が堰を守るために勧請(かんじょう)したと伝えられています。

勧請に際いしては、兵左衛門の夢枕に現れ
「堰の近くの清浄な地に、七面大明神を安置すれば、流末まで渇水の心配はなくなる」
神勅(しんちょく)を与えたと言われており、
そのお言葉通り、今でも南アルプス市に潤いを与えてくださっています。

この機会に是非、伝承館にお立ち寄りください!

 

 

本市の果樹産業ならびに水田経営に無くてはならない存在である「徳島堰」は今年で完成後350年を迎えます。
本展示会では、その歴史はもとより、当時の社会背景や施工技術、住民の暮らしとの関わり、水争いへ至るまで、豊富な史料と民具類で多角的に紐解きます。

 

期 間

令和2年7月17日(金)~令和3年4月18日(日) 9時30分~16時30分

(休館日:毎週木曜、年末年始)

展示内容

主な史資料:矢崎家所蔵徳島堰絵図、了円寺所蔵徳島兵左衛門像、「御用旗」など。

会期内に期間限定で了円寺所蔵「七面大明神像」の特別展示も予定(詳細は決定次第HPにて周知します)。

 

料金

無料 

お問い合わせ

南アルプス市ふるさと文化伝承館(電話:055-282-7408)

カテゴリー

地図

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る