自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME記事【消費生活センターより】スプレー缶によるヤケドや皮膚障害に注意してください!

スプレー缶に関する注意喚起です。

8月はスプレー缶のトラブルが多く発生しています。

制汗剤、冷却スプレー、殺虫剤など身近なスプレー缶に注意!

8月はスプレー缶を使用する機会が多くなる時期です。ボタンを押すだけで細かい霧や泡を作り出すことができるため、生活のあらゆる場面で利用されています。しかし可燃性の高圧ガスを使用していることが多いため、一歩間違えると爆発や火災事故につながる恐れがあります。

吸い込みや誤噴射にも注意!

毎年、使用時に吸い込んで呼吸が苦しくなったという事故や、誤って目や口に噴射してしまう事故、指に噴射液がかかり凍傷を負う事故などが報告されています。また、廃棄時の爆発・火災事故についても多く寄せられているため、十分に注意する必要があります。

アドバイス

スプレー缶を取り扱うときには以下のことに注意しましょう。

 

以下のサイトも参考にしてください。

消費生活に関するご相談は

南アルプス市消費生活センター
電話  055-282-7323
住所  南アルプス市小笠原376(市民活動支援課内)
受付  午前9時から午後4時(土日祝日及び年末年始を除く)

消費者ホットライン
電話  188(局番なし)

 

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る