自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOMEもしものときに防災情報地域で守る 組織編

自主防災組織の必要性と役割

大地震や台風などの風水害から自分や家族の命を守るためには、普段から十分な対策を講じておかなければなりません。また災害時には、個人や家族の力だけでは限界があります。特に災害が大きくなるほど、被災者は膨大となり、情報は混乱し、道路や橋などの公共施設が被害を受けるため、防災機関だけでは迅速な対応が困難になることが予想されることから、隣近所の人たちが集まって互いに協力し合いながら、組織的に防災活動に取り組むことが必要です。

平常時

本部班

情報班

消火班

避難誘導班

救出・救護班

給食給水班

災害発生時

本部班

情報班

消火班

避難誘導班

救出・救護班

給食給水班

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る