自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOMEもしものときに消防・救急火災を起こさないための情報

出火原因別 予防対策ポイント

出火原因別予防対策ポイントアイコン

もし火災が起きてしまったら

  1. 早く知らせる
    「火事だ」と大声で隣近所に助けを求めましょう。小さな火でも119番通報するか、近くの人に通報を依頼してください。
    家事を知らせる人のイラスト
  2. 早く消火する
    出火から3分が消火できる限度と覚えておいてください。消火には水、消火器以外にも、毛布や座布団が有効ですので手近なものを活用してください。
    座布団で消火する人のイラスト
  3. 早く逃げる
    天井に火が燃え移ったら、潔く避難してください。炎と同様に煙りも大変危険です。ぬらしたタオルやハンカチで口や鼻を押さえ、姿勢を低くしてすみやかに避難しましょう。
    ハンカチで口と鼻を抑えて走る女性のイラスト

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る