自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOMEもしものときに防災情報災害に備える

非常持出品を備える

大きな災害が起こった時、数日間は自力でしのげる準備をしておくことが大切です。家族で何が必要か相談し、持ち出しやすい場所に備えておきましょう

家の中の安全確保をする

阪神淡路大震災では、死傷者の約9割が家屋の倒壊と家具等の転倒による圧死であったと言われております。家庭でできる地震対策の第一歩として、家具の固定や配置換えは非常に有効ですので、自分自身、家族の命を守るため是非取り組んでいただきたいと思います。

家具の固定ポイント

家具の配置換えポイント

家の周囲の安全確保をする

注意点に番号が振ってある家のイラスト 1.アンテナ 2.屋根瓦 3.プロパンガス 4.ベランダ 5.ブロック塀・門柱

  1. アンテナ
    ぐらついているようなら、しっかりと固定する。
  2. 屋根瓦
    不安定だったり、破損している場合は専門家に修理を依頼する。
  3. プロパンガス
    ボンベを鎖でしっかり固定する。
  4. ベランダ
    植木鉢などは整理整頓をし、落ちる危険がある場所には何も置かない。
  5. ブロック塀・門柱
    土中にしっかりとした基礎部分が無いもの、鉄筋が入っていないものは危険なので補強する。ひび割れや、鉄筋のさびも修理する。

安全なブロック塀の目安

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る