自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME記事【南アルプス市消費生活センターより】高齢者の不慮の事故防止に関する注意喚起

冬はお餅の窒息事故、入浴中の溺水事故が起きやすい季節です

  厚生労働省の「人口動態調査」によると、高齢者の不慮の事故による死亡者数は、「転倒・転落」「誤嚥等の不慮の窒息」「不慮の溺死及び溺水」の順に多く、これらの事故による死亡者数は、「交通事故」による死亡者数よりも多くなっています。
  特に冬季は、お餅による窒息事故や入浴中の溺水事故が起きやすい季節です。これらの事故を防ぐためには、高齢者本人だけでなく、周りで見守っている家族などの同居者も一緒に注意をしていくことが大切です。

詳しくは、下記の消費者庁ホームページおよびリーフレットをご覧ください。

消費者庁HP

みんなで防ごう高齢者の事故リーフレット.pdf (PDF 852KB)

 

消費生活に関するご相談は

南アルプス市消費生活センター
 電話 055-282-7323
 住所 南アルプス市小笠原376(市民活動支援課内)
 受付 午前9時から午後4時(土日祝日及び年末年始を除く)

消費者ホットライン
 電話 188(局番なし)

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る