自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME記事健康増進法の改正により受動喫煙対策が強化されます。

たばこの煙には、200種類の有害物質が含まれ、その内70種類以上が発がん性物質です。また、副流煙(火のついたたばこの煙)は、主流煙(喫煙者の吸う煙)よりも有害です。受動喫煙によってリスクが高まる病気として、肺がん、虚血性心疾患、脳卒中、乳幼児突然死症候群が明らかになっています。

健康増進法の一部が改正され、受動喫煙対策が強化されました。

このような背景から、改正前の健康増進法では、多数の者が利用する施設の管理者に対して、望まない受動喫煙を防止するために必要な措置を講じることを努力義務として課していましたが、受動喫煙対策をより一層強化するため、平成30年7月25日に「健康増進法の一部を改正する法律」が公布されました。

改正法の趣旨は以下の3点です。

・望まない受動喫煙をなくすこと

・受動喫煙による健康影響が大きい子どもや患者等に特に配慮すること

・施設の類型・場所ごとに対策を実施すること

 

今回の改正は、望まない受動喫煙の防止を図るため、特に健康影響が大きい子ども、患者の皆さんに配慮し、多くの方が利用する施設の区分に応じ、施設の一定の場所を除き喫煙を禁止するとともに、管理者の方が講ずべき措置等について定めたものです。

今回の改正により、2019年1月24日から、望まない受動喫煙を生じさせないように周囲に配慮する義務が、喫煙者に課せられました。また、2019年7月1日からは、病院、行政機関、学校、児童福祉施設等の敷地内で、2020年4月1日からは飲食店や事業所他多数の方が集まる施設の屋内での喫煙が原則できなくなります。

 

たばこを吸う方へ

決められた場所以外では、禁煙をお願いします。また、屋外や家庭など、喫煙が禁じられていない場所でたばこ(加熱式たばこむ含む)を吸うときも、まわりの人に煙を吸わせないように配慮をお願いします。

 

関係機関ホームページ

「健康増進法の一部を改正する法律」についての詳細は以下の関係機関ホームページにてご確認ください。

山梨県ホームページ:受動喫煙対策(健康増進法の改正により受動喫煙対策が強化されます)

厚生労働省ホームページ:なくそう!望まない受動喫煙

厚生労働省ホームページ:受動喫煙対策

 

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る