自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME記事成人男性の風しん抗体検査・予防接種について

風しんについて

風しんは、発熱及び発しんが主な症状であり、飛沫感染により人から人へ感染する疾病です。感染力が強く、妊娠中の女性が風しんに感染すると、生まれてくる子どもに眼や耳等の障害が生じる可能性があります。また、大人が感染すると重篤な合併症を併発することがあります。

現在の風しんの予防接種は、幼児期と小学校入学前に合わせて2回の定期接種が行われています。しかし、現在40歳から57歳の方が子供の頃には、女子中学生が集団接種を1回受けられるだけで、男性には定期接種の機会はありませんでした。

この世代の男性の風しん抗体保有率は約80%と他の世代より低くなっています。5人に1人は抗体を持っておらず、近年の流行においても30代から50代の患者が多い事が指摘されています。

風しんの感染拡大を防ぐため、対象の男性にクーポン券を配布します。

対象者

・40歳から57歳(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日)の男性

※今年度は風しんの抗体検査キット、ワクチンの不足を防ぐため、40歳から46歳(昭和47年4月2日から昭和54年4月1日)の男性にクーポン券を5月下旬以降に送付します。

※クーポン券を送付していない47歳から57歳(昭和37年4月2日から昭和47年4月1日)の男性は、市役所窓口に申請をいただくことで随時クーポン券を発行できます。

申請の際は、ご本人確認ができるもの(運転免許証等)と印鑑をお持ちください。

健康増進課(かがやきセンター内)にて申請をいただいた場合は即日の発行、その他本庁、支所で申請をいただいた場合は1週間程でご自宅に郵送いたします。

クーポン券の有効期限

令和2年(2020)年2月末まで

実施方法

ワクチンを有効活用するため、次のとおり抗体検査・予防接種を2段階で行います。

 

抗体検査、予防接種の流れ

 クーポン券のイメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抗体検査と予防接種は、本事業に参加している全国の医療機関等で受けられます。抗体検査・予防接種を受けられる医療機関等のリストは厚生労働省ホームページに随時掲載されます。

 

風しんの追加的対策について(厚生労働省のホームページ)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index_00001.html

 

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る