自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME記事障害のある人もない人も共に生きる社会へ

毎年12月3日から9日は障害者について理解を深める「障害者週間」です。

 

 「障害者週間」とは、障害者の福祉について、関心と理解を深めるとともに、障害者があらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的に設定されていました。

 

わたしたちにできること

 障害のある人が困っているときに、その人の障害の特性に合わせた工夫や対応をすることです。何らかの配慮を求められた場合には、無理のない範囲で配慮をすることが求められます。

 例えば・・・

 車いすを利用している人が道の段差で困っているときに手助けをする、聴覚障害のある人に筆談で伝える等。

 

 皆さん一人一人が障害について理解し、障害を理由とした不当な区別や差別のない、誰もが暮らしやすい社会づくりをみんなで考えていきましょう。

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る