自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME記事宅地耐震化推進事業について

背景

 阪神・淡路大震災、新潟中越地震、東日本大震災などでは、盛土を行った造成宅地で多くの住宅や公共施設に被害が発生しました。このため、国土交通省が定める「大規模盛土造成地の滑動崩落対策推進ガイドライン及び同解説」により、大規模盛土造成地の変動予測調査及び滑動崩落対策を推進する事になっています。

 

大規模盛土造成地とは

(谷埋め型)

 谷や沢を埋めて造成した盛土面積が3,000平方メートル以上の造成地

(腹付け型)

 盛土をする前の地盤面が水平面に対して20度以上の角度で、盛土の高さが5m以上の造成地

 

調査方法

 南アルプス市内の開発行為における資料に基づき調査をしました。

 

調査結果

 これまでの調査により、大規模盛土造成地が存在しない事を確認しました。

 

参考

 国土交通省ホームページ(http://www.mlit.go.jp/toshi/toshi_tobou_fr_000004.html

 

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る