自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOMEお知らせ市からのお知らせ認知症かもと思ったら「もの忘れ相談医」へ
HOME健康・福祉介護支援介護相談窓口認知症かもと思ったら「もの忘れ相談医」へ

「最近、もの忘れがひどくなってきたけれど、どこで診てもらえばいいのかわからない。でも専門の医療機関(精神科)には行きたくない」と受診をためらっていませんか?

認知症は早期発見・早期対応が大切です

認知症は脳の病気です。脳の機能が低下し、もの忘れや判断力の低下などの症状が現れます。また、認知症と症状が似ていても、脳腫瘍や甲状腺ホルモンの異常などの治療により治る病気である可能性もあります。
「最近なんだか様子が変だな?」と感じたら、まずはかかりつけの医師やもの忘れ相談医に相談してみましょう。

認知症は早期に発見・対応すれば、症状を軽くしたり、進行を遅らせたりすることができる病気です。認知症の症状に似ていると感じたら、早めに受診をし、その原因を突き止めることが大切です。

「もの忘れ相談医」リストをご活用ください

「もの忘れ相談医」は認知症についてに気軽に相談できる先生方です。
認知症の簡易検査や治療、また、症状によっては専門医療機関などへの紹介を行っています。

中巨摩地区の「もの忘れ相談医」については「もの忘れ相談医リスト(PDF 610KB)」をご確認ください。

認知症について相談したい場合は

「受診をする前に相談をしたい」、「認知症の家族にどのように対応したらよいのかわからない」など、認知症についての相談をしたい方は、南アルプス市地域包括支援センターまたは認知症と家族の会「やまびこの会」までご連絡ください。

また、地域包括支援センターと「やまびこの会」では認知症についての相談日を設けております。

詳細については、毎月発行される南アルプス市の広報をご確認いただくか、認知症と家族の会「やまびこの会」までお問い合わせください。

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る