自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME行政情報行政改革南アルプス市の行政改革の取り組みについて

1.行政改革とは

行政改革とは今ある行政の仕組みを、現在直面する様々な課題や社会の変化に対応できる形に改善し、サービスの質を充実させ業務の効率化、経費の削減を図っていくことが主な目的です。

2.これまでの取り組み

南アルプス市では、平成17年3月に「南アルプス市行政改革大綱」を策定し、合併前のそれぞれの旧町村が行ってきた事業の統一化、整合化を図り、市民サービスの公平化を行うとともに、行政内部においては、事務のルールの統一や人事、予算制度の改革を進め、職員が納得して職務を行える環境の整備などに取り組んできました。
また、行政改革大綱を着実に推進するための実施計画を策定したほか、財政運営の健全化にも努めてきました。さらに、定員適正化計画に基づく職員の削減も推進し、一定の成果を上げることができました。その後、時代の変化に伴う新たな課題に取り組むため、平成22年3月に第2次行政改革大綱を策定し、事務事業の見直し、定員適正化の推進、公共施設の管理運営方法の見直し等の改革に継続して取り組んできました。

3.新たな改革の必要性

人口減少、少子・高齢化などの社会構造の「一大転換」を目前に控え、それに伴う行政サービスの需要や財政環境の変化、これまでの行政改革の取り組みの進展などによる市自らの内部変化等に的確に対応した行政経営に転換していくことが強く求められます。そこで、「財政の健全化」、「行政経営システムの見直し」、「人材育成と時代に即応した組織の見直し」「市民との協働により取り組む多様な協働の推進」を基本方針とした第3次南アルプス市行政改革大綱及び実施計画(平成28年~平成32年)を策定しました。

行政改革実施計画進捗状況

平成28年度の取組結果

過去の進捗状況

第2次南アルプス市行政改革実施計画(平成22年度~平成27年度)

第1次南アルプス市行政改革実施計画(平成17年度~平成21年度)

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る