自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME記事南アルプス市と国立大学法人山梨大学との包括的連携

地下水状況調査共同研究

研究機関

南アルプス市・山梨大学国際流域環境研究センター

目的

南アルプス市内における地下水の状況を科学的知見から調査し、地下水の保全、生活基盤の強化、地域経済の発展に寄与することを目的としています。

協定期間

平成27年3月まで

地域エネルギー活用プロジェクト(酵母を用いた油脂の生産)

研究機関

南アルプス市・山梨大学

目的

酵母菌(リポミセス)を用い、傷がつくなどして出荷できない果実や、遊休農地を利用して栽培した芋類などから、効率よく燃料(油)を作り出し、農業用の機器等に活用していく研究をおこなっていきます。
未利用の地域資源からエネルギーを創り出し利用することで、循環型社会の形成とエネルギーの地産地消を目指していきます。

研究概要図

酵母Lipomycesによる低利用価値再生可能資源からの植物性油脂(バイオディーゼル燃料・食料・工業製品原料)の生産概要図

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る