自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME行政情報財政状況財務諸表4表

財務諸表4表について

南アルプス市では市民の皆様に市の財政状況の全体像を理解していただくため、平成20年度決算から財務書類(総務省方式改訂モデル)を作成し、公表しています。平成28年度決算からは、新たに総務省から示された「統一的な基準」により財務書類を作成しています。

財務諸表4表とは

財務諸表4表とは、貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書、資金収支計算書の4表をいいます。

貸借対照表(BS)

住民サービスを提供するために保有している財産(資産)と、その資産をどのような財源(負債・純資産)で賄ってきたかを総括的に対照表示した財務諸表であり、表内の資産合計額(表左側)と負債・純資産合計額(表右側)が一致し、左右がバランスしていることからバランスシート(BS)とも呼ばれています
資産の部には、自治体が住民サービスを提供するために使用すると見込まれる資産(使う資産:インフラ資産や施設などの有形固定資産)と将来、自治体に資金流入をもたらすもの(売れる資産、回収する資産:売却可能資産や町税などの未収金など)があります。
負債の部には、将来、支払義務の履行により自治体から資金流出をもたらすもので、地方債や退職手当引当金などがあります。
純資産の部は、資産と負債の差額で、国県補助金や一般財源があります。

行政コスト計算書(PL)

1年間(4月1日から翌年3月31日まで)の行政活動のうち、福祉給付やごみの収集といった資産形成に結びつかない行政サービスに係る経費と、その行政サービスの対価として得られた収入金等の財源を対比させた財務諸表です。

純資産変動計算書(NWM)

貸借対照表内の「純資産の部」に計上されている各数値が、1年間でどのように変動したかを表している財務諸表です。

資金収支計算書(CS)

現金の受払いを、性質の異なる3つの区分(「業務活動収支」、「投資活動収支」、「財務活動収支」)に分けて表示した財務諸表です。
「業務活動収支」には、税収等、国県等補助金、使用料及び手数料等の業務収入と臨時収入の合計から、業務費用、移転費用及び臨時支出を控除したもの(投資活動及び財務活動以外のもの)の状況が表示されます。「投資活動収支」には、公共施設等の取得や売却、基金の積立てや取崩し、投資及び出資金等の増減に係る収支の状況が表示されます。「財務活動収支」には、地方債等の元金償還や発行による収支の状況が表示されます。

財務諸表4表の関係

財務書類4表の関係

(1)貸借対照表の「現金預金」と資金収支計算書の「本年度末現金預金残高」が一致します。
(2)貸借対照表の「純資産」と純資産変動計算書の「本年度末純資産残高」が一致します。
(3)行政コスト計算書の「純行政コスト」と純資産変動計算書の「純行政コスト」が一致します。

 

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る