自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME市民参加パブリックコメントパブリックコメントパブリックコメント手続

パブリックコメント手続について

パブリックコメントとは

パブリックコメントとは、市民の皆さんの意見を市の政策に反映させるための制度です。

パブリックコメントとは、市民の生活に広く影響を及ぼす市の基本的な政策などを策定する場合に計画や条例などの案を事前に公表し、市民の皆さんからのご意見を求めます。そして、寄せられたご意見に対して市の考え方を明らかにするとともに、その寄せられたご意見を考慮して市としての意思決定を行い、最終案をつくっていく一連の手続や仕組みをいいます。

パブリックコメント手続を実施する趣旨と背景

平成12年4月、地方分権一括法が施行されました。これに伴い、国と市は対等・協力の新しい関係に立つこととなり、市は自らの判断と責任の下に地域の実情に沿った行政を実践していくことが必要とされています。こうした分権型社会を迎え、従来にも増して、地域住民の意見を反映した政策を展開していくことが重要とされております。

南アルプス市では、これまでも市民の皆さんの意見を反映していく取組みを個別の施策ごとに行ってまいりましたが、本手続は、統一的なルールとして制度化し、案の段階から市民の皆さんにお知らせすることで、市政の透明性の向上を図るとともにより市民の皆さんの意見をより反映しやすくしようとするものです。

対象となる政策

次の政策等の案に対する市民の皆さまからの意見を募集します。

  1. 市の基本的な政策を定める計画案や各行政分野における施策の基本方針案等
  2. 市政に関する基本的な制度を定める条例の制定や改廃に係る案
  3. 市民等に義務を課し、または権利を制限する条例の制定や改廃に係る案(金銭徴収に関するものは除く)

ご注意ください

この手続きは市民の皆さんの意見提出を受けて政策案を策定するもので、案に対する賛否を問うものではありません。「公表した案のこの部分を、こうしたほうがよいのでは」というような政策案に対する積極的な意見の提出を期待するものです。

意見を提出できるかた

この手続で意見を提出できるのは次の方々です。

  1. 市内に住所を有する者
  2. 市内に事務所または事業所を有する個人、法人、その他の団体
  3. 市内にある事務所または事業所に勤務する者
  4. 市内にある学校に在学する者
  5. 市に対して納税義務を有する者
  6. パブリックコメントの対象となる計画などに利害関係を有する者

意見の提出方法

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る