自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME教育・文化学校施設の整備

学校施設の整備方針

1.整備方針

学校施設については、文部科学省が定める「学校施設整備指針」に基づき、学校教育に必要な施設機能を確保するよう実施しています。
また、「南アルプス市第2次総合計画」では「心豊かな人と文化をはぐくむまちの形成」をまちづくりの方針の1つに掲げ、基本計画における施策として「学校教育の充実」があります。学校施設の整備はこれを実現するための事業として実施されており、次の考え方を基本方針として進められています。

2.市各種計画との整合

学校施設の整備については、第2次総合計画をはじめとする市の各種計画において、次のように定められています。

第2次総合計画

公共施設等総合管理計画

教育大綱

教育振興プラン

3.実施事業

学校施設の整備に係る主な事業は次のとおりです。

  1. 学校施設設備整備事業(単独)
  2. 防災機能強化事業
  3. 大規模改造事業
  4. 危険建物/不適格建物の改築事業
  5. 学校体育諸施設整備事業
  6. 太陽光発電等導入事業
  7. 長寿命化改良事業
  8. 学校統合に伴う既存施設の改修
  9. 学校給食施設整備事業

学校施設整備環境改善交付金に係る施設整備計画

南アルプス市では、学校施設を整備するにあたり、文部科学省の「学校施設環境改善交付金」の交付を受けて実施しています。

1.施設整備計画の公表

「義務教育諸学校等の施設費の国庫負担等に関する法律」第12条第2項に基づき次のとおり作成しました。

2.施設整備計画の事後評価の公表

「学校施設環境改善交付金交付要綱」第8の1に基づき次のとおり評価を行いました。

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る