自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOMEくらし環境温暖化対策省エネを心がけよう!

地球温暖化対策(CO2の削減)にご協力ください

快適さを求めるあまりエネルギーをムダに使い過ぎてはいませんか。
家庭での、ちょっとした心がけの積み重ねが、地球温暖化対策(CO2の削減)になります。
皆様のご協力をお願いします。

今日から家庭でできるエコ

1.白熱電球を電球型蛍光灯(CFL)に交換する。

CFLは従来の電球に比べてエネルギー消費を60パーセント低減します。電球を取り替えるだけで、年間約140キログラムのCO2が削減されます。

2.冷暖房 夏は約1度高めに、冬は2度低めに設定する。

家庭で消費されるエネルギーのおよそ半分は冷暖房に使われており、わずかな温度調節で年間約910キログラムのCO2を削減できます。

3.ボイラーやエアコンのフィルターを清掃・交換する。

空気フィルターを掃除するだけで、年間約160キログラムのCO2を削減できます。

4.電気製品を購入するときは、省エネルギー対応モデルを選ぶ。

製品に貼られたエナジースターラベル(省エネルギー基準ラベル)を確認して、エネルギー効率の良いものを選びましょう。

5.お湯をなるべく使わない。

お湯を沸かすには大量のエネルギーが必要です。
節水シャワーヘッドを取り付けると年間約160キログラムのCO2を削減できます。
洗濯には水やぬるま湯を使いお湯の使用量を減らすと、年間約230キログラムを削減できます。

6.乾燥機の代わりになるべく物干し台を使う。

1年の半分は洗濯物を空気乾燥させるようにすれば、約320キログラムのCO2を削減できます。

7.使っていない電気製品のスイッチを切る。

使っていないテレビやDVDプレーヤー、ステレオ、パソコンなどのスイッチをきる。
年間約450キログラムのCO2を削減できます。

8.食器洗い機は容量一杯にして省エネルギー設定で使用する。

年間約450キログラムのCO2を削減できます。

9.家屋の機密性を高める。

壁や天井に断熱処理を施すことで、暖房費を25パーセント抑えるとともに年間約910キログラムのCO2を削減できます。
コーキング(目詰め)を行えば、更に年間約770キログラムの削減が可能です。

10.家庭でのリサイクルを心掛ける。

家庭で発生するゴミの半分をリサイクルすれば、年間約1,100キログラムのCO2を削減できます。

11.再生紙利用商品を購入する。

再生紙は製造にかかるエネルギーが70パーセントから90パーセント少なく、また世界各地での森林の消失を防ぎます。

12.木を植える。

一本の木は生涯で1トンのCO2を吸収します。また木陰は空調費を10パーセントから15パーセント抑えてくれます。

13.グリーン電力に切り替える。

家庭で使用するエネルギーを風力や太陽光などのクリーンで再生可能なエネルギー源から作られたものに切り替えることができます。

14.冷凍食品ではなく生鮮食品を購入する。

冷凍食品の製造には10倍以上のエネルギーが消費されます。

15.地元の農産物直売所(ファーマーズ・マーケット)を支援する。

地元の農産物直売所(ファーマーズ・マーケット)を利用すれば、農産物の栽培や輸送に必要なエネルギーを5分の1に抑えることができます。

16.過剰包装商品を購入しない。

ゴミを10パーセント減らすと、約450キログラムのCO2を削減できます。

17.徒歩や自転車、公共交通機関の利用などでマイカーの走行距離を減らす。

毎週の走行距離を約16キロメートル減らすだけで、CO2の排出量は年間約230キログラム減少します。

18.日頃から車の整備を心掛ける。

自動車の定期保守は、燃費向上とCO2の排出抑制にとても効果的です。
わずか1パーセントの自動車オーナーが適切な保守整備に努めるだけで、大気中のCO2は約45万トン近くも減少します。

19.週1回の点検でタイヤの空気圧を適正に保つ。

適正な空気圧で燃費は3パーセント以上向上します。
毎日の燃料効率の小さな改善が、やがては大きな違いを生むのです。

20.車を買い替える際には燃料効率の良いモデルを選ぶ。

新車の燃料効率が現在の車よりも約1.3キロメートル/リットル高ければ、毎年約1,400キログラムのCO2を削減できます。
ハイブリット車なら燃費は最大で約25キロメートル/リットル向上します

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る