自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOMEもしものときに応急手当出血時の処置方法

出血時の処置方法

一般に体内の血液の20パーセントが急速に失われると出血性のショックという重い状態になり、30パーセントを失うと生命に危険を及ぼすといわれています。ケガなどによる出血はよくあることですが、大出血の場合は迅速かつ適切な止血をしないと命を脅かすことになります。市民が行う止血法としては、出血部位をガーゼや布などで直接圧迫する方法(直接圧迫止血法)が推奨されています。

直接圧迫止血法

きれいなガーゼやハンカチなどを重ねて出血部位に当て、その上を圧迫します。

圧迫しているにもかかわらずガーゼが血液で濡れてくる場合としては、圧迫位置が出血部位から外れている、または圧迫する力が弱いなどが考えられます。直接圧迫止血は出血部位を確実に押さえることが重要となります。

直接圧迫止血法 足の一例直接圧迫止血法 腕の一例

止血の手当に限らず、感染防止のため血液や体液等には直接触れないようにできるかぎりビニール手袋やビニール袋を使用します。

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る