自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME健康・福祉健康健康診査等乳がん検診について

 

乳がんってどんな病気?

乳がんは、女性に最も多いがんで、約11人に1人がかかるといわれています。早期に見つかり、適切な治療を受けた場合、90%以上は治ります。月に一度の自己検診を行うとともに、定期的な検診を受診し早期発見を心掛けましょう。

 

※がんについては、国立がん研究センター「がん情報センター 一般の方へ」のページもご覧ください。

 

乳がん検診の検査方法

 

○乳房エックス線検査(マンモグラフィ)

透明なプラスチックの板で、左右の乳房を片方ずつ挟んでエックス線撮影します。

乳がんの初期症状である小さな石灰化でも見つけやすいのが特徴です。

 

○乳腺超音波検査(エコー)

乳房に超音波をあてて、その反射波を画像に映し出すことで、乳房の内部の様子を見ます。

放射線を使わない検査です。

 

対象者

30歳以上の女性(本年度3月31日現在の年齢)

※令和元年度より、妊娠中・授乳中の方は受診できません。

 

申し込み~受診までの流れ

1. 4月に郵送される「各種健診・人間ドック申込書」で申し込みをする。

 ※提出期限を過ぎてしまった方や転入されてきた方は、健康増進課にお問い合わせください。

2. 後日、申込者に「受診票」と「乳がん検診受診ガイド」が郵送される。

3.受診票に記載されている検診日時・持ち物等を確認し、受診する。

 ※ご都合が悪い場合は、ガイドに記載されている日時でお越しください。

  ただし、日程を変更される際はなるべく毎年同じ医療機関になるようにご留意ください。

 

受付時間

 14時~16時

 

持ち物

□ 受診票・・・・質問項目がありますので、事前に記入してきてください。

□ 自己負担金・・1,000円(70歳以上は無料)

□ 保険証

 

検査方法

乳がん検診検査方法
本年度末3月31日現在の年齢 検査方法
30~39歳 超音波検査(エコー)
40歳以上で奇数年齢(例41,43,45歳・・・) 超音波検査(エコー)
40歳以上で偶数年齢(例40,42,44歳・・・) エックス線検査(マンモグラフィ)

 

注意事項

・令和元年度より、妊娠中・授乳中の方は受診できません。

(※妊娠中・授乳中の方は乳腺が発達しており正確な検査ができないため実施しません。自覚症状のある方は乳腺専門外来を受診しいてください。)

・上半身は検査着に着替えていただきますので、着脱しやすい服装でお越しください。(ワンピース等の上下繋がっている服装はご遠慮ください)

・受診日に南アルプス市に住所がない方は受診できません。

 

日程・会場

健康づくり日程表」でご確認ください。

※当日の天候及び感染症の拡大等により中止することもあります。ご了承ください。

 

乳がん検診の結果について

・結果は受診日の約1ヶ月後、郵送で返却します。緊急にお知らせする必要のある方には、それよりも前にお電話等でお知らせすることもあります。

・精密検査が必要の場合、必ず精密検査を受診してください。

 

乳がん検診自己検診方法

・乳がんは自分で見つけることができるがんです。早期発見のために、毎月1回、月経終了の1週間後に、閉経後の人は毎月同じ日に、自己検診する習慣をつけましょう。

 

・自己検診方法1「立って調べる」
ステップ1 ステップ2 ステップ3
イラスト ステップ1 1.jpg   イラスト ステップ1 2.jpg

    イラスト ステップ1 3.jpg

鏡に写して、両腕を下げた状態と

上げた状態で、それぞれ正面・側

面から、変化がないかをよくみます。

腕を上げて、左右の乳房・わきの下を触ります。

次に、渦巻状に乳房をさわります。右乳房は左手

で、左乳房は右手でさわります。

入浴時に石鹸をつけるとすべりがよくなり、

調べやすくなります。

腕を下げてステップ2と同様に

左右の乳房・わきの下を調べます。

・自己検診方法2「仰向けに寝て調べる」

ステップ1:仰向けに寝て、乳房が胸の上に平均的に拡がるようにします。調べる側の肩の下に枕か座布団を入れます。

ステップ2 ステップ3 ステップ4 ステップ5
 イラスト ステップ2 2.jpg   イラスト ステップ2 3.jpg    イラスト ステップ2 4.jpg    イラスト ステップ2 5.jpg
腕を上げ、外から内に向けて肋骨と平行に触っていきます。 腕を下げて、乳房の内側を上から下、次に外側を下から上へと触っていきます。 わきの下を親指を支点にして、4本の指で触り、リンパ腺のしこりがないかをみます。 乳首を軽くつまみ、乳をしぼり出すようにして、分泌物がないかをみます。

以上の自己検診でなんらかの以上を見つけたときは、必ず専門医(乳腺外来)の診察を受けましょう。

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る