自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME健康・福祉生活支援・福祉活動福祉活動日本赤十字社南アルプス市地区

日本赤十字社社資募集

日本赤十字社南アルプス市地区では、毎年6月から8月にかけて赤十字社員増強運動を展開し、自治会役員や赤十字奉仕団員等のご理解とご協力をいただきながら赤十字社員の継続・新規加入を呼びかけていただいています。

社員には、個人社員と企業や団体の法人社員があります。

一人でも多くの方が社員として、赤十字をご支援くださるようお願いいたします。

「赤十字社員」って、ご存知ですか?

赤十字では、赤十字の活動のために、毎年一定額を拠出し、継続して赤十字の活動を支えてくださる方を『赤十字社員』とお呼びしています。「会員」というと、わかりやすいでしょうか。明治10年の日本赤十字社の創設以来、赤十字を支えてきたのは、社員のみなさんなのです。

募集期間

毎年6月から8月まで(期間が終了しても受付は行っています。)

加入費用

社資金額

上記金額は目安となる基本額であり、この限りではありません。また、社資は強制でもありません。

平成24年度日赤社費募集にご協力ありがとうございました

市民の皆様のご理解をいただいた日赤社費募集の結果をお知らせします。

平成24年度社費募集状況(平成25年3月末現在)

市民の皆様のご理解とご協力により下表のとおり納入していただきました。日本赤十字社からの目標額も達成することができました。誠にありがとうございました。
南アルプス市地区から山梨県支部に送金も終え、今年度の赤十字活動のためにすでに利用されています。

今後も赤十字活動にご理解とご協力をお願い申し上げます。

日赤社費表
地区名 社費納入額(円)
八田地区 1,762,600
白根地区 4,146,700
芦安地区 137,000
若草地区 2,480,100
櫛形地区 4,039,500
甲西地区 2,991,100
合計 15,557,000

南アルプス市赤十字奉仕団

市赤十字奉仕団は、赤十字事業の推進をはじめ、地域のニーズに応じた老人福祉及び障害者援助など幅広い活動を展開している日本赤十字社のボランティア組織です。

南アルプス市赤十字奉仕団は平成15年4月1日の町村合併に伴い、従来の奉仕団を統括する形で新たに結成されました。
組織は旧町村単位の奉仕団を分団として6つの分団制となり、平成24年4月時点での団員数は委員長以下639名となっています。

活動内容

赤十字奉仕団は各地域において赤十字思想の普及や社員の募集、災害救護、各種講習会の普及、献血推進にあたるとともに、地域のニーズに応じて地域社会福祉活動を実施しております。

おもな活動内容は、市の総合防災訓練や赤十字主催の炊き出し訓練・応急救護訓練への参加、献血会場での奉仕活動、救急法(心肺蘇生法、包帯法、止血法など)修得のための研修、老人ホームでのボランティア活動など、赤十字の理念に基づき、日本赤十字社の赤十字事業の地域における推進者として、人々のしあわせを願い、明るく住みよい社会を築きあげていくため、陰の力となって数多くの活動に取り組んでいます。

日本赤十字社、赤十字奉仕団については「日本赤十字社山梨県支部」をご確認ください。

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る