自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置

生活保護の目的

私達の一生の間には、様々な事情で生活に困ってしまうことがあります。生活保護は、自分の力だけではどうしても生活ができない方に対して、困っている程度に応じて、経済的な援助を行うとともに、一日も早く自分の力で生活できるよう手助けをする制度です。この制度では、国で定めた要件を満たせば、誰でも保護を受けることができます。

生活保護を受ける方がしなければならないこと

保護を受けようと考えている方は、次のような努力をして下さい。

 ※優先されること

  親子、兄弟姉妹などの援助を受けられるときは、まずその援助を受けてください。

生活保護の内容

保護は、生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助及び葬祭扶助から構成されています。

注)医療扶助及び介護扶助は、医療機関等に委託して行う現物給付を原則とし、それ以外は金銭給付が原則です。

各扶助により、健康で文化的な生活水準を維持することができる最低限度の生活を保障しています。扶助の基準は、厚生労働大臣が設定します。
(扶助費の額は、世帯の状況により異なります。詳しくはご相談の際にお尋ねください。)

相談

市役所福祉総合相談課で相談を受け付けています。(あらかじめ、電話等で日時をご相談ください。)

生活保護のQ&A

申請について

生活保護費については、国が決めている基準に基づいてあなたの世帯の最低生活費を計算し、その金額と、あなたの世帯のあらゆる収入とを比べて、その足りない分を保護費として支給します。

保護適用後の調査及び指導

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る