自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME記事子宮頸がんワクチンの償還払いについて

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えにより、定期接種の機会を逃した方が、定期接種の年齢を過ぎて、任意接種として自費で接種した場合、南アルプス市が定める金額の範囲内で払い戻し(償還払い)をいたします。

 

対象者

以下のすべてにあてはまる方が対象です。

  1. 平成9年4月2日から平成17年4月1日生まれの女性で、令和4年4月1日時点で南アルプス市に住民登録がある(その後南アルプス市を転出していても対象です)
  2. 16歳となる日の属する年度の末日(高校1年生の3月31日)までにHPVワクチンを3回接種していない
  3. 17歳となる日の属する年度の初日(高校2年生の4月1日)から令和4年3月31日までに日本国内の医療機関にてHPVワクチン(2価サーバリックスもしくは4価ガーダシル)を受け、接種費用を負担している
  4. 令和4年4月1日以降、償還払いを受けようとする接種回数分について、キャッチアップ接種によるHPVワクチンを受けていない

 

償還額

市が定める金額の範囲内で、最大3回分まで接種費用の実費相当を払い戻します。
※実費相当に接種に要した交通費、宿泊費、書類の発行に要した文書料等は含みません。
 

申請期間

令和4年7月1日~令和7年3月31日まで

 

申請方法

申請書に下記の書類を添えて、健康増進課へ郵送又は持参により申請してください。

  1. ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書.docx (DOCX 21.5KB)
  2. 接種費用の支払いを証明する書類(領収書及び明細書、支払証明書等)
     ※接種日、ワクチン名、ワクチン毎の料金、医療機関名が記載されているもの
     ※原本に限ります。
  3. 接種記録が確認できる書類(母子健康手帳、予防接種済証または接種済の記載がある予診票など)の写し
     ※接種記録が確認できる書類がない場合は、医療機関が発行する下記証明書(原本)に代えることができます。
     ・ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請用証明書.docx (DOCX 16.4KB)
  4. 被接種者の氏名・住所・生年月日が確認できる書類の写し
     (申請者と被接種者が異なる場合は双方のもの)
     ※申請時住所記載の運転免許証、健康保険証(両面)などいずれかひとつ
  5. 振込希望先金融機関の通帳又はキャッシュカードのコピー(口座番号等確認用)

 ※必要書類が不足している等の場合に、追加の書類を求めることがあります。

 

書類提出先

 保健福祉部健康増進課
 住所:〒400-0292 南アルプス市飯野2806-1
 電話:055-284-6000 FAX: 055284-6019

 

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る