自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME記事高齢者のインフルエンザ定期予防接種について

高齢者のインフルエンザ定期予防接種について

高齢者のインフルエンザの発症と重症化防止を図ることを目的として、以下のとおり、高齢者のインフルエンザ予防接種を実施します。ワクチンの効果は、接種をしてから約2週間であらわれ、約5か月間続くため、例年の流行期にあわせて、12月中旬頃までの接種が効果的です。なお、この予防接種は、接種を希望する方が受けるもので、接種を受ける法律上の義務はありません。また、接種を受ける本人の意思が確認できなければ接種を受けることは出来ません。

実施期間

令和3年10月1日から令和4年1月31日まで

(令和3年10月1日時点で65歳未満の方の実施期間は、65歳の誕生日の前日から令和4年1月31日までとなります。)

対象者

接種日において65歳以上の方

対象者には、9月下旬に接種券・予診票を個別に郵送しています。接種券・予診票を紛失した場合は、健康増進課(かがやきセンター)、市民活動支援課(本庁舎)、介護福祉課(本庁舎)、各窓口サービスセンターで再発行の申請が可能です。

高齢者インフルエンザ予防接種 接種券・予診票 交付依頼書(XLS 50.5KB)

接種日において、60歳以上65歳未満の方で次のいずれかに該当する方

・心臓・じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害がある方(身体障害者手帳1級程度)

・ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある方(身体障害者手帳1級程度)

接種より前に接種券・予診票の交付申請が必要となります。

身体障害者手帳をご持参のうえ、健康増進課(かがやきセンター)、市民活動支援課(本庁舎)、障がい福祉課(本庁舎)、各窓口サービスセンターにて申請をお願いします。申請内容に瑕疵等が無ければ、申請日からおよそ1週間後に、住民票の住所地へ郵送にて接種券・予診票をお送りします。

※対象となる障害の程度は以下の申請書ファイルを御参照ください。

60~64歳インフルエンザ予防接種申込書(XLS 51KB)

自己負担金

1,000円(接種後、医療機関等に直接お支払いください。)

※生活保護受給者、中国残留邦人等支援給付受給者は免除

予防接種実施医療機関等

必ず事前に予約をしたうえで、接種を受けていただくようお願いします。

接種医療機関等の一部を掲載しております。

接種を希望する医療機関等がない場合は、健康増進課までお問合せください。

R3年度医療機関一覧.xlsx (XLSX 28.1KB)

R3年度医療機関一覧.pdf (PDF 287KB)

新型コロナウイルスワクチンとの間隔について

新型コロナウイルスワクチンを接種する場合、前後に13日以上の間隔をあけてください。

例1.新型コロナウイルスワクチンを9月25日に接種した場合・・・インフルエンザワクチンは10月9日以降に接種

例2.インフルエンザワクチンを10月20日に接種した場合・・・新型コロナウイルスワクチンは11月3日以降に接種

【注意していただきたいこと】

本市の集団接種会場等で使用しているファイザー社製の新型コロナウイルスは1回目の接種を受け、3週間後の同じ曜日に2回目の接種をします。インフルエンザワクチンを1回目と2回目の間に接種すると、2回目の新型コロナウイルスワクチン(ファイザー社製)接種が予定日に行えませんのでご注意ください。

その他

接種方法、接種時の持ち物、インフルエンザ予防接種の副反応、健康被害救済制度及びその他注意事項等は、以下のファイルを御覧ください。

高齢者インフルエンザ予防接種についてのお知らせ(表) (DOCX 24KB)

高齢者インフルエンザ予防接種についてのお知らせ(裏) (DOC 83.5KB)

高齢者インフルエンザ予防接種についてのお知らせ(表).pdf (PDF 172KB)

高齢者インフルエンザ予防接種についてのお知らせ(裏).pdf (PDF 293KB)

 

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る