自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME目的から探す保険・年金国民健康保険被保険者証と高齢受給者証の一体化について
HOMEくらし国保・後期高齢者医療・年金国民健康保険被保険者証と高齢受給者証の一体化について

令和3年8月1日から被保険者証と高齢受給者証が1枚になります。

 国民健康保険に加入している70歳以上の方は、医療機関を受診される際、「被保険者証」と「高齢受給者証」の2枚が必要でした。被保険者の皆さまの利便性を向上するため、令和3年8月1日からは被保険者証と高齢受給者証を一体化し、「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」が交付されます。

 令和3年8月1日からは「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」に一部負担金の負担割合が記載されるため、1枚で受診できるようになります。

 

令和3年7月31日まで

 70歳以上の方は医療機関を受診する際には、被保険者証と高齢受給者証の2枚が必要です。

令和3年7月31日までの国民健康保険被保険者証令和3年7月31日までの高齢受給者証

 

令和3年8月1日以降

 令和3年8月1日からは、被保険者証と高齢受給者証が一体化し「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」となり、1枚受診できるようになります。

国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証.gif

 

赤枠の部分が変更点になります。

1.「兼高齢受給者証」という表記が追加されます。

2.発効期日が記載されます。記載の負担割合の効力が発生する日付です。

3.一部負担金の割合が記載されます。

 

 

※大きさはこれまでの被保険者証と同じカードサイズです。

 

※70歳未満の方は変更ありません。

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る