自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス

現在の位置
HOME観光情報歴史を辿る国指定文化財考古資料鋳物師屋遺跡出土品

鋳物師屋遺跡出土品

鋳物師屋遺跡出土品(円錐形土偶)

平成4年2月より翌年2月末まで、下市之瀬の工業団地造成事業に伴う発掘調査が実施され非常に多くの遺構や遺物が発見されました。発見された考古資料のうち205点が一括で国の重要文化財に指定されました。
約13,000平方メートルを調査し、縄文時代中期中葉の住居址27軒、平安時代の住居址112軒が発見され、扇状地に存在する縄文時代の集落は調査例が少なく、当時の暮らしぶりを解明する上で非常に重要な遺跡といえます。
遺物の保存状態も非常に良く、特に円錐形土偶や人体文様の描かれた有孔鍔付土器は教科書の副読本など多くの出版物で取り上げられるなど、縄文時代を代表する資料であり考古資料的にも美術的にも世界的に高い評価を得ています。

 

データ

鋳物師屋遺跡出土品/海外博物館への貸出の履歴
平成4年…発掘調査により4500年の長い眠りから目覚める
平成7年…国重要文化財に指定される
平成7年…イタリアローマ市立展示館
平成9年…マレーシア国立博物館
平成13年…イギリス大英博物館
平成14年…韓国国立中央博物館
平成18年…カナダ国立モントリオール博物館
平成21年…イギリス大英博物館
備考/鋳物師屋遺跡出土品は、ふるさと文化伝承館へと移転しました。

 

カテゴリー

地図

お問い合わせ

文化財課

電話:
055-282-7269
Fax:
055-282-6427

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る