自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス

現在の位置
HOME観光情報歴史を辿る国指定文化財史跡御勅使川旧堤防(将棋頭・石積出)

御勅使川旧堤防(将棋頭・石積出)

 

武田信玄公の偉業のひとつに治水事業があり、その中で天保10年(1541年)に着手したのが御勅使川治水事業です。
御勅使川の流れを北にまわし、洪水時には御勅使川の水を分水する策として築かれたものが将棋頭です。これは石を積み上げたもので、鋭角になった堤の基部があたかも将棋の駒の尖った部分に似ていることからこう呼ばれています。
将棋頭に本流をぶつけて二つに分流させ、さらに竜岡大地を掘割り(地面を掘って造った水路)、激流を対岸の竜王高岩に突き当たるようにしました。これによって御勅使川と釜無川の激しい流れを合流点で相殺し、その後信玄堤を築いて甲府盆地への被害を防いだと伝えられています。

 

データ

所有者、管理者/南アルプス市、韮崎市
指定年月日/平成15年3月25日

 

カテゴリー

地図

お問い合わせ

文化財課

電話:
055-282-7269
Fax:
055-282-6427

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る