自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOME移住・定住移住定住NEWS【令和3年度】結婚新生活支援事業
HOMEお知らせ市からのお知らせ【令和3年度】結婚新生活支援事業
HOMEお知らせピックアップ【令和3年度】結婚新生活支援事業
HOME目的から探す結婚・離婚結婚【令和3年度】結婚新生活支援事業
HOME目的から探す転入・転出・転居転入【令和3年度】結婚新生活支援事業
HOME目的から探すすまいすまいの助成【令和3年度】結婚新生活支援事業

結婚新生活支援事業について

南アルプス市では、少子化対策及び子育てしやすいまちづくりを推進し、人口減少に歯止めをかけるため、新婚世帯に対して結婚に伴う新生活費用を支援します!

補助金の交付は、予算の範囲内となります。申請を希望するかたは事前にふるさと振興室(055-282-6073)までお問い合わせください。

令和3年度版結婚新生活支援事業チラシ (PDF 455KB)

補助金の額

1世帯当たり最大300,000円

対象となる費用

令和3年1月1日から令和4年3月31日までに支払いをした住居費及び引越費用

注)勤務先から住居手当が支給されている場合は、住居費から差し引きます。

対象になる条件

次の全てに該当する場合に補助金の交付対象となります。

対象となるかた

  1. 令和3年1月1日以降に婚姻届を提出し、受理された夫婦。
  2. 夫婦の合計所得が400万円未満であること。(注1)(注2)
  3. 婚姻日において、夫婦のいずれもが39歳以下であること。
  4. 申請時に少なくとも夫婦の一方が南アルプス市に住所を有していること。
  5. 入居する住居が南アルプス市にあること。
  6. 公的制度による家賃補助を受けていないこと。
  7. 夫婦のいずれもが市町村税等を滞納していないこと。
  8. 夫婦のいずれもが暴力団員でないこと。
  9. 過去に夫婦の双方又は一方が内閣府の定める地域少子化対策重点推進交付金交付要綱及び地域少子化対策重点促進事業実施要領に関する補助を受けていないこと。
  10. 夫婦の双方又は一方が補助金の交付を受けた日から、5年以上市内に定住する意思があること。

(注1)申請日において無職の場合、離職した方は所得がないものと見なします。
(注2)貸与型奨学金の返済を行っている場合は、年間返済額を合計所得から控除します。

手続きについて

  1. 【申請】
    申請者は下記の申請時に必要な書類を市役所ふるさと振興室へ提出する。(判子をお持ちください)
  2. 【審査】
    市が申請内容を審査し交付の決定をした場合、申請者あてに「交付決定通知書」が送付される。
  3. 【請求】
    申請者は「交付決定通知書」を受領後に、下記の請求時に必要な書類を提出する
  4. 【支給】
    市から補助金が申請者の指定口座に振り込まれる。

必要な書類

申請時

  1. 南アルプス市結婚新生活支援事業補助金交付申請書(様式第1号)
  2. 婚姻後の戸籍謄本(全部事項証明書)又は婚姻届受理証明書(南アルプス市に本籍がない場合)
  3. 世帯全員の住民票の写し(本籍・筆頭者、世帯主・続柄が記載されたもの)
  4. 前年の所得が確認できる所得証明書【ご夫婦分】
    (前年の所得が記載された所得証明書が取得できない期間については前々年のもの)
  5. 契約書の写し
    【建売の場合】売買契約書
    【新築の場合】工事請負契約書
    【賃貸の場合】賃貸借契約書
  6. 市税等の滞納のない証明書【ご夫婦分】(納税証明書等)※転入者に限る
  7. 住居費及び引越費用の領収書の写しなど支払ったことが分かる書類

(注3)3,4,6については、令和3年1月1日に本市に住所を有している場合は提出不要です。

(注4)次に該当する場合は、対象の必要書類も添付してください。

請求時

  1. 南アルプス市結婚新生活支援事業補助金請求書(様式第6号)
  2. 振込先が分かる通帳等の写し

「交付申請書」等は「結婚新生活支援事業必要書類」からダウンロードしてください。

不明な点がある場合は、下記連絡先(ふるさと振興室)まで、お問合せください。

結婚新生活チラシ(表).jpg

事業実施計画書の公表について


本補助金の一部は、内閣府の「地域少子化対策重点推進交付金」を活用しています。事業実施計画書は以下のとおりです。
【南アルプス市】地域少子化対策重点推進交付金実施計画書 (PDF 340KB)

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

ページの先頭へ戻る