トップ 産業情報 農業 認定農業者制度

認定農業者制度

南アルプス市では認定承認後、「農業のスペシャリスト」として市をはじめ関係機関が具体的な支援を行い、農業経営の発展を目指します。

更新日 2010年06月15日

認定農業者制度について

認定農業者制度とは

平成5年に制定された農業経営基盤強化促進法に基づき、市町村が地域の実情に合わせて、効率的で、安定的な農業経営の目標などを内容とする基本構想を策定し、経営改善に取り組むやる気と能力のある農業者がこの指標以上のやりがいと魅力ある経営を目指すために、農業経営改善計画(5年後の経営目標)を作成し、その計画を提出した農業者を市町村が認定農業者として認定する制度です。

この制度が制定された背景には、近年の農業をとりまく環境の悪化や後継者不足、農業者の高齢化、農産物の価格の低迷など深刻な事態があります。そう した中で農業を発展させていくためには、認定農業者を育成・確保していく必要があります。

南アルプス市では認定承認後、「農業のスペシャリスト」として市をはじめ関係機関が具体的な支援を行い、農業経営の発展を目指します。

認定農業者になるメリット

  • 低利資金の融資
  • 税制の特例
  • 経営改善に対する支援
  • 経営に関する相談や研修
  • 機械等導入
  • 農地集積 など

認定農業者になるには

認定を受けようとされる方は、5年後を見通して、自分の経営をどういう方向に改善、発展させていくのか、それをどのような方法で実現させていくのかを見据えて経営改善計画を作り、南アルプス市農林振興課の窓口に提出していただきます。

農業経営改善計画の作成

次の事項などについて、5年後の目標とその達成のための取組内容を記載していただきます。

  1. 経営規模の拡大に関する目標(作付面積、飼養頭数、作業受託面積など)
  2. 生産方式の合理化の目標(機械・施設の導入、ほ場連担化、新技術の導入など)
  3. 経営管理の合理化化の目標(複式簿記での記帳など)
  4. 農業従事の状態の改善(休日制の導入等)
  • 市では、計画内容が基本構想に照らして適当であると認めた場合に、計画の認定を行います。
  • 経営改善計画書の作成にあたっては県及び市が応援します。詳細につきましては、農林振興課へご相談ください。
  • 認定農業者の有効期限は5年間ですが、再度認定を受けることが出来ます。

申請窓口

南アルプス市農林振興課

お問い合わせ先

農業振興課
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 西別館 2階
電話番号 055-282-6207
FAX番号 055-282-6279
メールでのお問い合わせ