トップ 暮らしの情報 暮らす 社会福祉 その他の支援 生活支援 生活困窮者自立支援制度

生活困窮者自立支援制度

生活困窮者自立支援制度について、ご説明します。

更新日 2017年07月28日

生活困窮者自立支援とは

生活困窮者自立支援制度に基づき、誰もが安心して自立した生活を送ることができるよう、社会福祉士、精神保健福祉士、保健師が生活や仕事など様々な悩みごとのご相談をお受けします。

生活困窮

例えば

  • 生活の関係
    収入が少なくて家計が厳しい、貯金が底を突いてしまった
  • 仕事の関係
    失業期間が長くなり不安だ、病気で働けない
  • 住居の関係
    離職後アパートを追い出された、家賃を払えない
  • その他、生活上の困りごと全般
    将来が不安、社会に出るのが恐い、家族のことで悩んでいる

など。
このようなときは、ひとりで抱え込まずに、市役所福祉総合相談課までご相談ください。総合相談窓口ですので、どこに相談したらよいか分からないときでも大丈夫です。外出が難しい場合は、相談員が訪問します。また、困っている人は自らSOSを出せないことがあります。周りに困っている人がいたら、情報をご提供ください。相談は、無料、秘密厳守です。

自立支援事業

どんな支援が受けられるの?

1人ひとりの状況に合わせて、以下のような支援を行います。

自立相談支援事業

専門知識を持った相談員が相談者と一緒にそれぞれの状況や適性に応じた自立支援計画を立て、寄り添いながら就職や家計改善など相談者の自立を支援します。

無料職業紹介事業

さまざまな事情により働きたくても働くことができず、生活困窮に陥っているなど就職が困難な方々のために、就職の相談や求人企業の開拓、紹介状を発行するなどの無料職業紹介を行います。

住居確保給付金

離職等により住居を失った人・失うおそれがある人に、一定期間、家賃相当額を支給します。その間に生活の土台を整えて、就職に向けた支援を行います。

一時生活支援事業

緊急的に住居が必要な人に、一定期間、生活する環境を提供します。その間に生活の土台を整え、就職に向けた支援を行います。

子どもの学習支援事業

しんどい状況にある子どもに対して、地域で安心できる場を通して、学習支援等を行います。また、子どもを支える大人向けに研修等を実施し、子どもを支える地域づくりを行います。

お問い合わせ先

福祉総合相談課
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 1階
電話番号 055-282-7223
FAX番号 055-282-6095
メールでのお問い合わせ