南アルプス市 洪水ハザードマップ

洪水ハザードマップの説明

南アルプス市洪水ハザードマップは、下記の河川の浸水想定区域図を基に作成しています。

河川名 作成者
釜無川(富士川) 国土交通省 甲府河川国道事務所
御勅使川 国直轄区間:国土交通省 甲府河川国道事務所
県管理区間:山梨県
坪川 山梨県
滝沢川 山梨県

▲ページTOPへ

浸水想定区域図とは?

堤防が決壊した場合に浸水が想定される区域と深さを求め、それをシミュレーションにより図面にしたものが浸水想定区域図です。

なお、シミュレーションにあたっては、対象河川以外の河川の氾濫、想定を超える降雨、内水による氾濫等を考慮していませんので、浸水想定区域図に示されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

浸水想定区域図では下記の5ランクに分けて浸水深さを表示しております。

浸水深さのランク分け

▲ページTOPへ

浸水想定区域図の作成条件

各河川の浸水想定区域図は、河川の河道整備状況を勘案し、洪水防御に関する計画の基本となる降雨(釜無川、御勅使川は100年に1回程度起こる大雨、滝沢川、坪川は50年に1回程度起こる大雨)により氾濫した場合を想定しています。各河川の浸水想定の条件は以下のとおりです。想定している大雨は、100年後または50年後に発生するという意味ではなく、明日にでも発生しうる大雨ですので、大雨時には十分な注意が必要です。

河川名 何年に一度の大雨 計画の基本となる降雨
釜無川(富士川) 100年 富士川上流域の
2日間総雨量315mm
御勅使川(国直轄区間) 100年
御勅使川(県管理区間) 50年 御勅使川上流域の
2日間総雨量288.2mm
坪川 50年 ピーク時の時間雨量
53.5mm/hr
滝沢川 50年 ピーク時の時間雨量
60.6mm/hr

▲ページTOPへ