自然と文化が調和した幸せ創造都市 南アルプス
現在の位置
HOMEお知らせ市からのお知らせ平成30年度高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種について

平成26年10月1日より、肺炎球菌によって起こる病気の重症化防止を図ることを目的として「成人用肺炎球菌ワクチン」が定期の予防接種に導入されました。平成30年度対象者要件に該当する方で接種を希望される場合は、平成31年3月31日までに接種を受けるようにしてください。

なお、この予防接種は、接種を希望する方が受けるもので、接種を受ける法律上の義務はありません。また、接種を受ける本人の意思が確認できなければ接種を受けることは出来ません。

平成30年度高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種について
1.接種期間及び回数 平成30年4月1日から平成31年3月31日までに1回接種
2.接種対象者の要件
  1. 平成30年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳及び100歳になる方(対象者には4月中旬に接種券・予診票をご自宅へ郵送します)
    1. 65歳(昭和28年4月2日~昭和29年4月1日生まれの方)
    2. 70歳(昭和23年4月2日~昭和24年4月1日生まれの方)
    3. 75歳(昭和18年4月2日~昭和19年4月1日生まれの方)
    4. 80歳(昭和13年4月2日~昭和14年4月1日生まれの方)
    5. 85歳(昭和8年4月2日~昭和9年4月1日生まれの方)
    6. 90歳(昭和3年4月2日~昭和4年4月1日生まれの方)
    7. 95歳(大正12年4月2日~大正13年4月1日生まれの方)
    8. 100歳(大正7年4月2日~大正8年4月1日生まれの方)
  2. 接種日において60歳以上65歳未満の方で、心臓・じん臓若しくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方(身体障害者手帳1級程度:インフルエンザの定期接種対象者と同じ。)
  3. 上記1又は2に該当する対象者であっても、過去に肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種を受けたことがある方は、定期接種の対象外となります。ご注意ください。
3.自己負担金 医療機関ごとに定める接種費用から公費負担額(5,000円)を差し引いた金額(生活保護受給者・中国残留邦人等支援給付受給者は免除)
4.接種方法
  1. 予防接種についてよく理解した上で接種を受けてください。
  2. 接種当日に「予診票」の各項目について記入してください。
  3. 接種の際、予約が必要な場合もありますので、事前に医療機関へお問い合わせください。
5.接種時の持ち物
  1. 接種券・予診票(紫色の紙)
  2. 自己負担金
  3. 健康保険証
6.注意点
  1. 高齢者の肺炎球菌ワクチンとしては、プレベナー13も使用されますが、定期接種となるのはニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)のみです。
  2. インフルエンザワクチンの接種(不活化ワクチン)を受けた場合は、その接種から6日以上の間隔をあけて接種してください。
  3. 予防接種・予診票を紛失した場合は再発行いたします。本人又は家族が身分を確認できる書類を持参の上、健康増進課(健康福祉センター)までお越しください。
    注 再発行の受付は戸籍市民課(本庁舎)又は窓口サービスセンター(支所)でも可能ですが、この場合は後日ご自宅への郵送となります。

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
ページの先頭へ戻る