トップ 施設情報 ふるさと文化伝承館

ふるさと文化伝承館

ふるさとぶんかでんしょうかん

更新日 2016年06月28日

住所
山梨県南アルプス市野牛島2727
「湧暇李の里」内
電話番号 055-282-7408
FAX番号 055-285-7113

「み・な・で・ん」こと「南アルプス市 ふるさと文化伝承館」が新しく生まれ変わって平成21年6月にリニューアルオープンしました。

 国重要文化財の鋳物師屋遺跡出土品をはじめ市内の遺跡から出土した土器や石器、昔懐かしい民具などを展示しています。

 当館では展示パネルを少なくし、スタッフによる展示案内などお客様とのコミュニケーションを大切にしています。不必要な場合にはお申し付けいただき、また、ご質問などはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

 また、火起こし体験や縄文土器の文様カード作り、土偶のお顔(土鈴になっています)作りなどはいつでも予約なしで体験できますし、そのほかミニ体験コーナーや懐かしいおもちゃもあり、年齢を問わずお楽しみいただけます。

 五感を使って、多くの方に歴史の厚みに裏づけられた南アルプス市の魅力を知っていただけると思います。大勢の皆様のお越しをお待ちしております。

 

みなさんとともにこれからどんどん作り上げて行きたい!そんな願いをこめて

「み・な・で・ん」

「み・ん・な・で、み・な・で・ん」って覚えてください。

ご利用案内

ご利用時間

ご利用時間
午前9時30分~午後4時30分
休館日
毎週木曜日、年末年始

ご利用料金

無料

インフォメーション

日々の更新はこちらから!

 伝承館のイベント情報や日々の出来事、最新情報はこちらのフェイスブックページでもご覧いただけます! 

 

土偶キャラ「子宝の女神 ラヴィ」について。

市内鋳物師屋遺跡から出土した円錐形土偶はニックネームを募集し「子宝の女神 ラヴィ」に決定しました!キャラクターは全国どぐキャラ総選挙で日本一にも輝いています。よろしく御願い致します。

以下のリンクをごらんください。

ニックネームについて

どぐキャラ総選挙 グランプリ獲得について 

 

ラヴィ

 

「子宝の女神 ラヴィ」グッズも続々登場!

グッズ

顔マスコット(幅約5cm)・・・300円
ミニぬいぐるみ(高さ約11cm)・・・600円
マグネットステッカー(高さ約15cm)・・・650円
マグネット(3種・直径5.5cm)・・・各150円
重要文化財1/3レプリカ(高さ約8cm)・・・800円
ラヴィパーカー(L・M)・・・4000円
野焼き土鈴(ラヴィのお顔・幅約6cm)・・・400円・500円
でかぬいぐるみ(高さ50cm・現在売り切れ中)・・・3500円
 ラヴィクッキー・・・150円

 

 

 

 

 

各種ホームページでの古い掲載内容について

 ふるさと文化伝承館は、かつて「八田ふるさと文化伝承館」でしたが名称変更しております。また、移行した際、リニューアルオープンまでの3年間ほど閉館していた期間がありますので、閉館しているとして掲載されているホームページが存在しておりますが、平成21年度以降オープンしておりますのでご注意ください。

なお、連絡先の分かるものについては随時更新を求めていますが、更新を求めることが出来ないホームページがあり、情報が錯乱しておりますが、市役所の当ホームページの情報が公式ですので、こちらをご覧ください。

 

休館日が木曜日だけになりました!

これまで毎週火・木だった休館日が毎週木曜日だけとなりました。

 ますますご利用しやすくなりましたので、多くの皆様の来館をお待ちしております。

 

鋳物師屋遺跡出土品を展示しています

                鋳物師屋遺跡出土品1国指定重要文化財「鋳物師屋遺跡出土品」の展示は、櫛形生涯学習センターから 「ふるさと文化伝承館」へ移動しています。

伝承館では鋳物師屋遺跡の出土品のうち、重要文化財に指定されたものは全て展示しています(2011年3月より、安全面を優先して数点を収蔵庫へと移し、順次入れ替えながらの展示へと変更しました、それでもほぼ全ての指定資料がご覧いただけます)。さらに指定以外の資料についても展示しています。

重要文化財以外にも様々な魅力に出会えると思います。皆様のご利用をお待ちしております。

 

施設説明

1階展示室

弥生時代の稲作文化の定着以降の歴史がわかる展示で、主に弥生時代から近現代までの遺跡から出土した土器などの資料と、江戸時代以降の農具や民具、御勅使川扇状地に営んだ祖先の「水との暮らし」の知恵などを展示・紹介しています。
農具を実際に体験したり、土器に触れたり、火起こし、木の実磨り体験や、塗り絵、土偶パズルなどなどミニ体験コーナーもあります。
AVコーナーでは市文化財課がこれまで作成し、CATVで放送してきた「歴史探訪」シリーズを観ることができます。

1階展示室

2階展示室

縄文時代以前の資料だけを集めたスペースで、国指定重要文化財「鋳物師屋遺跡出土品」205点が全て揃い、また北原C遺跡の水煙把手式土器や県内で唯一出土している海産魚骨である百々・上八田遺跡のタイの椎骨など、市内出土の縄文資料の優品を全て展示しています。

2階展示室

エントランス

階段下のエントランスをつかい、「エントランス展示」と名付けててミニミニ企画展を実施しています。季節ごとに展示内容をかえ、南アルプス市の歴史や文化を体感していただくスペースです。

多目的実習室

土器や勾玉作り講座などの体験学習が行えるスペースです。
普段は公開しておりませんが、講座の案内は随時こちらのホームページ、広報等でご案内いたします。

文化財調査事務所

2階西側のスペースは、文化財の調査・修復等を行うスペースで、普段は見学できません。特別公開も予定しておりますのでお楽しみに。

体験コーナー

いつでも予約なしでできる体験メニューを用意!
人気の火起こし体験や、本物の縄文土器に触れて拓本で文様をうつしとる縄文文様カード作り、お子様にはパズルや塗り絵などもあります。
期間限定のエントランス展でも必ず体験メニューを用意していますのでお楽しみに!

ロゴマークとマスコット

「みなでん(ふるさと文化伝承館)」のロゴマークはこちら!
真ん中が当館の館長でもある「赤うしさま」。みなでんのすぐ横にある能蔵池にすんでいたといわれる神様です。
赤うしさまを挟んでいるのは国重要文化財の鋳物師屋遺跡の土偶のシルエットと南アルプス市を象徴する農具ともいえるやんぎょう(野牛)です。そして背景は野牛島・西ノ久保遺跡から出土した和鏡です。
うまく画像がでていないけど、本当は中が格子目なんです。本物の和鏡にはそのひとつひとつに梅花模様が描かれているんですよ!ちょっとマニアックでしょ。
まんなかの赤うしさまはマスコットとしても色々な場面・パンフなどに登場しているので見つけてみてね!

アクセス

マイカー
高速道路利用の場合
中部横断自動車道「白根インター」下車。国道52号線(側道)を北上。
「湧暇李の里西」交差点を右折して300m。「湧暇李の里」内にあります。
甲府方面から一般道利用の場合
県道甲斐・芦安線の信玄橋を渡り、山梨中央銀行前の信号を右折。
600m先「樹園」案内板を右折してすぐ。「湧暇李の里」内に あります。
公共交通機関
JR中央線甲府駅下車。山梨交通バスターミナル芦安方面行きバス「野牛島」下車、徒歩10分
JR竜王駅よりタクシーでおよそ10分(1500円程度)

駐車場案内

目標施設 駐車場
80台(他施設と共用)

フロア案内

1階

ふるさと文化伝承館1階
  1. 多目的実習室
  2. 1階展示室
  3. エントランス展示コーナー
  4. ミニ体験コーナー
  5. 受付

2階

ふるさと文化伝承館2階
  1. 2階展示室
 

関連コンテンツ

 

男子トイレ 女子トイレ 障がい者用トイレ 階段 エレベーター