トップ 市政情報 行政改革 公共施設等総合管理計画

公共施設等総合管理計画

市では、公共施設等の更新・統廃合・長寿命化などを計画的に行うことを基本理念に、平成28年度から30年間を計画期間とした「南アルプス市公共施設等総合管理計画」を策定しました。

更新日 2016年09月30日

公共施設等総合管理計画策定の背景と目的

本市の公共施設等については、合併以前から整備してきた施設を含め、多くの施設を管理・運営しており、今後、施設の更新、改修等に多額の経費が見込まれます。
また、将来的に進行することが見込まれる人口減少や少子高齢化、市民ニーズの多様化などによる利用状況の変化や合併特例債の終了により、今後の本市の財政見通しは大変厳しくなるため、公共施設の現状機能を総体的に維持していくことは極めて困難な状況になります。
市では、平成24年3月に、本市が管理する公共施設の方向性を広域的に検証し、具体的に再編を進めていくための基礎資料として、市が管理する公共施設等の全体像と各用途別施設の現状を客観的に把握し、とりまとめた「南アルプス市公共施設白書」を作成し、また、平成28年5月には公共施設白書の改訂版を作成しました。さらに、公共施設等の全体の状況を把握する中で、長期的な視点をもって、更新・統廃合・長寿命化などを計画的に行うことを基本理念に、平成28年度から30年間を計画期間とした「南アルプス市公共施設等総合管理計画」を策定しました。今後30年間において公共施設保有量で約20パーセント、55,000平方メートルを削減することを目標に、公共施設再配置を計画的に行うため、平成28年度から10年間を計画期間とした、「公共施設再配置アクションプラン」を定めました。合併特例債の終了が平成30年度に控えていることも踏まえ、平成28年度から平成30年度までを「集中取組み期間」と位置づけ、公共施設再配置を実行していきます。

各内容の詳細については、以下をご確認ください。

お問い合わせ先

行政改革推進室
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 2階
電話番号 055-282-6090
FAX番号 055‐282-1112
メールでのお問い合わせ