トップ 市政情報 行政改革 公共施設白書

公共施設白書

市では、公共施設の現状を把握し統廃合を検討するための基礎資料として「公共施設白書」の改訂版をを作成しました。

更新日 2016年09月30日

公共施設白書作成の背景

本市の公共施設等の現状については、合併以前から整備してきた施設や、合併後整備してきた施設など、多くの施設を管理・運営しています。
しかし、多くの公共施設が老朽化の課題を抱えており、将来的に必要とされる建替え、改修等の更新経費を市が全て負担していくことは、財政見通しから困難になると想定されています。
本市では、平成24年3月に市が保有する公共施設の方向性を広域的に検証し、具体的に再編を進めていくための基礎資料として、「南アルプス市公共施設白書」を作成しました。その白書を基に公共施設の現状を客観的に検証し、施設配置の見直しを検討してまいりました。
また、国においては、厳しい財政事情が続く中で、今後進行することが見込まれる人口減少や少子高齢化、市民ニーズの多様化などによる利用状況の変化等を踏まえて、早急に公共施設等の全体の状況を把握し、長期的な視点をもって、更新・統廃合・長寿命化などを計画的に行うことにより、財政負担を軽減・平準化するとともに、公共施設等の最適な配置を実現することを目的に、平成26年4月に全国の自治体に向けて公共施設等総合管理計画の策定を要請しております。
本市では、これまで既に作成した白書を基礎資料に公共施設の再配置方針を検討してまいりましたが、公共施設等総合管理計画の策定に向けて、「南アルプス市公共施設白書」のデータを更新した改定版を作成しました。
本白書を基に公共施設等総合管理計画を策定するとともに、市民の皆様と将来に向けての課題を共有する中で、公共施設のあり方について考えていきたいと思います。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

南アルプス市公共施設白書【各章ごとPDF版】

表紙-南アルプス市の概要 PDFを別ウインドウで開く

市保有施設の状況 PDFを別ウインドウで開く

  1. 南アルプス市の公共施設っていくつあるの?
  2. どのような施設があるの?
  3. 施設にかかる経費ってどのくらい?
  4. 施設にかかる経費の財源は?
  5. 公共施設の老朽化はどのくらい進んでいるの?
  6. 建物の建替え・改修にかかるコストは?

施設分類別の現状 PDFを別ウインドウで開く

  1. 行政系施設
  2. 学校教育系施設
  3. 市民文化系施設・社会教育系施設
  4. 子育て支援系施設
  5. 保健・福祉施設
  6. スポーツ・レクリエーション系施設
  7. 産業系施設
  8. 公園
  9. 公営住宅
  10. その他の施設

参考資料 PDFを別ウインドウで開く

  • 市民アンケート結果
  • 施設一覧

南アルプス市公共施設白書【全ページPDF版】

【本白書のデータについて】
各施設のデータは平成26年度の実績を基に整理しています。
また、建物の経過年数は平成27年度を基準として算定しています。

お問い合わせ先

行政改革推進室
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 2階
電話番号 055-282-6090
FAX番号 055‐282-1112
メールでのお問い合わせ