トップ 産業情報 電子入札・契約情報 指名競争入札 指名競争入札(紙入札用) 指名競争入札の流れ(紙入札用)

指名競争入札の流れ(紙入札用)

公共工事等の発注に係る指名競争入札(紙入札)の主な流れについて、ご案内します。

更新日 2017年06月08日

指名競争入札の流れ

南アルプス市の公共工事等の発注に係る入札は、「指名競争入札」の方式により執行しています。ここでは、その一連の流れをご紹介します。

入札前

入札前に、入札に関し必要な事項を定めた「入札心得」を熟読の上、入札に参加されるようにお願いいたします。

1.事業執行の決裁

各事業担当課は、当年度に予算計上された様々な事業(建設工事のほか業務委託等も含む)を執行するにあたり、毎回、決裁権者より決裁を受けます。また、決裁権者は、市長、副市長、部長などで金額により変わります。

これらの発注案件のうち、次の金額を超えないものは随意契約によることができるとされ(地方自治法施行令第167条の2)、これを超えるものは特に理由のない限り原則として入札に付します。

随意契約の範囲
  • 工事又は製造の請負  130万円以下
  • 財産の買入れ  80万円以下
  • 物件の借入れ  40万円以下
  • 財産の売払い  30万円以下
  • 物件の貸付け  30万円以下
  • その他(委託業務等)  50万円以下

2.指名業者の選定

事業執行が決まり入札に付すこととなった工事は、南アルプス市建設工事等指名選考委員会に諮ります。委員会は毎月2回開催され、当該工事の入札で指名する業者(通常5社以上)を選定します。

入札の指名業者は、所定の入札参加資格審査申請書(指名参加願)の提出した者の中から選ばれます。指名参加願の提出は2年ごとに有効期間を区切って受付をしているもので、提出要領及び申請書類の一部は市役所及び市ホームページにて配布しています。

3.入札執行の通知

指名選考の結果に基づき、指名された業者には、通知書を郵送します。通知書には次のような事項を記載しています。

入札執行の通知
  • 入札に付す工事の名称、場所、予定価格
  • 入札の日時、場所
  • 前金払・部分払の有無、契約保証金の要否
  • その他注意事項
受領メール

指名競争入札通知書を確認後、速やかに受領メールを下記アドレスまで送信してください。(表題(タイトル)に「会社名・送信内容(受領または質問)」、本文に「契約番号・案件名」)※使用するメールアドレスは入札参加資格申請の際に記入したものを使用してください。

メール:kanzai@city.minami-alps.lg.jp

入札参加を辞退される場合

入札会の日時までに具体的な理由を明記した辞退届をご提出ください。郵送又は持参。(郵送の場合は、入札日前日までに必着)

入札辞退届出書のダウンロードページ 

4.設計図書閲覧期間(見積期間)

通知から入札までの期間を設計図書閲覧期間(見積期間)とし、建設業法に基づきおおむね次の日数を設けます。

建設業法に基づく見積期間(建設業法施行令第6条)
  • 500万円未満の工事  1日以上
  • 500万円以上5000万円未満の工事  10日以上
  • 5000万円以上の工事  15日以上
提出書類
  • 設計図書・仕様書に対する質問書

設計図書・仕様書に対する質問書のダウンロードページ

提出方法

設計図書等について質問がある場合には、所定の期間内に管財契約課に設計図書・仕様書に対する質問書(Word様式)を電子メールに添付し、送付してください。(電話でのお問い合せにつきましては、お答えしないものとします。)質問は担当課に照会の上、所定の期限までに随時回答します。また、質問がない場合には、質問書提出は不要です。

電子メール送信先 : 管財契約課質問用メールアドレス

内容確認方法

通常、現場説明会は行いません。工事内容について指名業者からの質問は、見積期間中に期限を設けてメールで受付け、回答は南アルプス市ホームページ(各案件掲載箇所)で行います。随時回答いたしますので、必ずホームぺージを確認してください。

質問者

質問事項があるかた

確認者

すべての閲覧者

入札当日

5.受付

入札会は所定の時刻、場所にて行います。開始時刻に間に合わなかった者は失格となります。

6.委任状・誓約書の提出

入札に先立ち、代表者以外の者(代理人)が入札を行う業者には、委任状の提出を求めます。また、市談合情報対応マニュアルに基づき、談合等を行っていない旨、全業者に誓約書の提出を求めます。

提出書類
  • 誓約書
  • 委任状(代表者以外の場合)

誓約書と委任状のダウンロードページ

提出時の注意点

誓約書は参加者全員から提出していただきます。また、代理人による入札参加者は、委任状を必ず持参して下さい。これらの必要書類を提出しなかった者は失格となります。

7.入札書、内訳書の提出

本市の指名競争入札では、入札に先立って工事予定価格を事前公表しているため、入札は1回で行います。また、入札金額のもとになる積算資料として、入札書と同時に工事費等の内訳書の提出を求めます。なお、予定価格事後公表は落札者決定まで数回行う場合があります。入札書に押印する必要印鑑(または押印済みの入札書(白紙))をご持参下さい。

提出書類
  • 入札書
  • 内訳書(内訳書の表紙含む)

入札書と内訳書の表紙のダウンロードページ

提出時の注意点

「入札書」は、金額は税抜の価格を明記し提出して下さい。また、封筒に入れる必要はありません。

「内訳書の表紙」は、入札書と同時に内訳書に添付して提出して頂きます。別途市ホームページ(入札案件掲載箇所)に掲載する設計図書に基づき、明細内訳書まですべて記載の上、表紙としてこの用紙をつけて綴り、提出して下さい。

8.落札者の決定

入札書に記載された各業者の入札価格を比較します。通常、入札価格の最も低かった者が落札者となります。なお、予定価格に対する落札価格の割合を「落札率」と呼んでいます。

落札率の計算方法
落札率 = 落札価格 ÷ 予定価格
落札例(予定価格が36,000,000円の場合)

A社  35,200,000円
B社  31,500,000円
C社  29,800,000円(落札)
D社  33,300,000円
E社  30,000,000円

落札したC社の落札率は29,800,000円割る36,000,000円なので、82.8%になります。

ただし、最低の入札価格が、予め設定される調査基準価格を下回った場合には、低入札価格調査委員会にて適否を審議した上で落札者を決定します。

入札後

9.契約の締結

落札者(請負業者)と契約書を交わします。通常、入札の翌日が契約日となります。(入札の翌日が土日・祝日の場合は、通常次の平日が契約日)

提出書類
  • 契約書・契約約款等の契約に係る書類

契約書・契約約款等の契約に係る書類のダウンロードページ

市から請負業者への通知
  • 監督員指定通知書
請負業者から市への提出書類
  • 現場代理人及び技術者通知書
  • 工程表
  • 契約保証に係る保証証券等
  • 前金払請求書等

10.着工

工事が始まります。通常、契約日の翌日が工事着手日(着工日)となります。

11.入札結果の公表

入札終了後、結果については次の方法で随時公表しています。

入札結果の閲覧・掲載場所
  • 閲覧(市役所管財契約課にて随時)
  • 市ホームページ(入札後随時)
  • 広報南アルプス(市発行・毎月1回)
  • 山梨建設新聞(日本工業経済新聞社発行・日刊)

お問い合わせ

水道事業以外

総務部管財契約課(本庁2階)
電話:055-282-6092

上水道・簡易水道

企業局総務課(企業局2階)
電話:055-282-2016

 
Get Adobe Reader
 
    PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているADOBE READERが必要です。お使いのパソコンにインストールされていない場合は、下のバナーアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。