トップ 災害・防災情報 弾道ミサイル等が飛来する可能性がある場合の情報伝達について

弾道ミサイル等が飛来する可能性がある場合の情報伝達について

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について

作成日 2017年05月18日

国において弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動についてとりまとめましたので、お知らせします。

日頃から、こうした事態に遭遇した場合にどのように対応したらいいのか、その際に必要なものは何かなどについて、家族も含めて心得ておくこと、備えておくことが助けになります。
なお、北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達については、関連リンクの内閣官房「国民保護ポータルサイト」をご確認ください。
また、国において、国民保護情報のエリアメール、緊急速報メールを携帯電話・スマートフォンで受信できるかどうかの確認手順と、受信できない場合の対策をとりまとめましたので、ご確認ください。

関連資料

関連リンク

お問い合わせ先

防災危機管理室
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 2階
電話番号 055-282-6494
FAX番号 055-282-1112
メールでのお問い合わせ
災害・防災関連サイト
 
    外部サイトは、別ウィンドウで開きます。
    気象庁、東海地震に関連する情報が変わりました!
     
    災害へ備えよう!ハザードマップポータル
 
 
 
Get Adobe Reader
 
    PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているADOBE READERが必要です。お使いのパソコンにインストールされていない場合は、下のバナーアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。