トップ 災害・防災情報 地域で守る 組織編

地域で守る 組織編

更新日 2016年08月26日

自主防災組織の必要性と役割

大地震や台風などの風水害から自分や家族の命を守るためには、普段から十分な対策を講じておかなければなりません。また災害時には、個人や家族の力だけでは限界があります。特に災害が大きくなるほど、被災者は膨大となり、情報は混乱し、道路や橋などの公共施設が被害を受けるため、防災機関だけでは迅速な対応が困難になることが予想されることから、隣近所の人たちが集まって互いに協力し合いながら、組織的に防災活動に取り組むことが必要です。

 平常時

本部班
  • 組織内の各班の任務や活動の調整を行う。
  • 組織内の連絡網の整備を行う。
  • 消火訓練、講習会等の年間計画をたてる。
  • 近隣退避場所、一時避難場所、危険箇所などの指定をする。
情報班
  • 防災リーフレット、チラシなどを配布し、防災意識の高揚を図る。
  • 災害時の情報収集、伝達に関するマニュアルの作成。
  • その他広報の活動に関すること。
消火班
  • 消火機材用具の点検・整備を行う。
  • 消火活動に関するマニュアルを作成する。
  • その他消火活動に関すること。
避難誘導班
  • 避難場所、避難路などの安全点検を行う。
  • 避難誘導に関するマニュアルを作成する。
  • 組織内の避難行動要支援者の把握をする。
  • その他避難誘導の活動に関すること。
救出・救護班
  • 救出及び救護の技術、技能の習得を図る。
  • 救助機材の点検・整備をする。
  • 要介護者情報を収集する。
  • 避難行動要支援者の救護方法の習得を図る。
  • その他救出救護の活動に関すること。
給食給水班
  • 世帯人員状況を把握する。
  • 炊き出し機材、給水機材などの点検・整備をする。
  • その他避難場所の活動に関すること。

災害発生時

本部班
  • 警戒宣言発令時は、警戒本部を設置する。
  • 災害発生時は、災害対策本部を設置する。
  • 各班の活動指示及び応援の指示を実施する。
  • 防災関係機関に的確な情報を提供する。
情報班
  • 市地震災害警戒本部からの情報を伝達するため、巡察などを行う。
  • 地域内の被害状況(死者、建物、道路の破損状況等)、火災発生状況などの被災情報を収集する。
  • その他広報の活動に関すること。
消火班
  • 火災警戒巡視を実施する。
  • 水バケツ、消火器等による初期消火活動を実施する。
  • その他消火の活動に関すること。
避難誘導班
  • 避難経路の決定をする。
  • 避難者を指定の避難場所などへ誘導する。
  • 救出・救護班と連携をとる。
  • その他避難誘導の活動に関すること。
救出・救護班
  • 避難行動要支援者を、避難場所まで搬送する。
  • 倒壊家屋などから、生埋め被災者を救出する。
  • 負傷した者に応急処置を実施する。
  • 避難誘導班と連携をとる。
  • その他救出救護の活動に関すること。
給食給水班
  • 住民の避難状況を確認する。
  • 非常食、毛布などの物資の配布、調達を行う。
  • 避難場所の衛生管理に努める。
  • その他避難場所の活動に関すること。

お問い合わせ先

防災危機管理室
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 2階
電話番号 055-282-6494
FAX番号 055-282-1112
メールでのお問い合わせ
災害・防災関連サイト
 
    外部サイトは、別ウィンドウで開きます。
    気象庁、東海地震に関連する情報が変わりました!
     
    災害へ備えよう!ハザードマップポータル
 
 
 
Get Adobe Reader
 
    PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているADOBE READERが必要です。お使いのパソコンにインストールされていない場合は、下のバナーアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。