トップ 災害・防災情報 火災を起こさないための情報

火災を起こさないための情報

更新日 2011年06月23日

出火原因別 予防対策ポイント

出火原因別 予防対策ポイント
ストーブを洗濯物の乾燥機代わりに使用して、出火するケースが多いようです。また、ストーブ周辺にはカーテンなど燃えやすいものを近づけないようにしましょう。
ストーブ
建物火災の出火原因の約1割がたばこの不始末です。消し忘れ、落下、投げ捨てにより出火するケースが多いようです。喫煙場所を決める、灰皿には水を入れておく、寝たばこは絶対しない、必ず消火を確認するなど慎重に扱いましょう。
たばこ
子どもの手の届くところにマッチやライターを放置しないようにしましょう。花火の際には、必ず大人が付き添い消火用水を用意しておき、子どもには火の恐ろしさを徹底的に教えておきましょう。
火遊び
たき火による火災も少なくありません。風の強いときは行わないなど、十分な注意が必要です。


たき火
建物火災の原因で一番多いのが、コンロからの出火で、そのほとんどが消し忘れです。てんぷらを揚げるときはその場を離れない、どうしても離れなければならないときは必ず火を止めましょう。
コンロ
放火による火災も後を絶ちません。家の周りには燃えやすいものを置かない、ゴミは収集日の当日に出すなど、放火されにくい環境づくりを心がけましょう。

放火
電気器具は使用説明書をよく読んで、正しい使い方を心がけましょう。たこ足配線は避け、コードに傷みは無いかチェックしましょう。


電気器具や配線

もし火災が起きてしまったら

1. 早く知らせる
「火事だ」と大声で隣近所に助けを求めましょう。小さな火でも119番通報するか、近くの人に通報を依頼してください。


早く知らせる
2. 早く消火する
出火から3分が消火できる限度と覚えておいてください。消火には水、消火器以外にも、毛布や座布団が有効ですので手近なものを活用してください。


早く消火する
3. 早く逃げる
天井に火が燃え移ったら、潔く避難してください。炎と同様に煙りも大変危険です。ぬらしたタオルやハンカチで口や鼻を押さえ、姿勢を低くしてすみやかに避難しましょう。
早く逃げる

お問い合わせ先

防災危機管理室
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 2階
電話番号 055-282-6494
FAX番号 055-282-1112
メールでのお問い合わせ
災害・防災関連サイト
 
    外部サイトは、別ウィンドウで開きます。
    気象庁、東海地震に関連する情報が変わりました!
     
    災害へ備えよう!ハザードマップポータル
 
 
 
Get Adobe Reader
 
    PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているADOBE READERが必要です。お使いのパソコンにインストールされていない場合は、下のバナーアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。