トップ ニュース マイナンバー制度における「情報連携」・「マイナポータル」の試行運用が始まります。

マイナンバー制度における「情報連携」・「マイナポータル」の試行運用が始まります。

マイナンバー制度における「情報提供ネットワークシステムによる情報連携」・「マイナポータル」の試行運用が、7月18日から開始され、約3か月の試行を経て、今年秋ごろから本格運用となります。

更新日 2017年07月14日

情報連携とは

行政手続きの際に必要となる一部の添付書類(所得証明書等)の提出を省略するための仕組みです。マイナンバー制度による情報連携の試行運用中は、従来通り必要な添付書類の提出をお願いします。

マイナポータルとは

マイナンバー制度の導入に合わせて構築された個人ごとのポータルサイトです。

①自己情報表示、②情報提供等記録表示、③お知らせ情報表示、④子育てワンストップサービスなどの機能があり、試行期間中でも自己情報表示や情報提供等の記録表示の確認を行うことができます。

子育てワンストップサービスとは

マイナポータルサイト内で子育てに関するサービスの検索や、マイナンバーカードを利用してオンライン申請ができるサービスです。

市では現在準備中ですので、準備が出来次第、HP等にてお知らせします。

その他の詳しい内容について

詳しくは内閣府のホームページをご覧ください。

http://www.cao.go.jp/bangouseido/case/individual/shikou.html

お問い合わせ先

総務課
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 2階
電話番号 055-282-1111
FAX番号 055‐282-1112
メールでのお問い合わせ