トップ ニュース 『高齢者支援センター』などと称する事業者による詐欺被害について

『高齢者支援センター』などと称する事業者による詐欺被害について

南アルプス市消費生活センターよりお知らせです。

更新日 2017年07月03日

消費者庁より注意喚起

「高齢者支援センター」や「高齢者福祉支援センター」、「高齢者生活支援ボランティアセンター」などと称する施設から、『あなたの個人情報が漏れて、別の団体等に登録されています』、『個人情報の登録を取り消してあげます』といった電話があり、消費者にさまざまな要求を持ち掛け、最終的に多額の現金を宅配便で送付させる手口の相談が各地の消費生活センターに寄せられています。

このような内容は、典型的な詐欺の手口です。
また、「高齢者支援センター」以外にも、公的機関を連想させる事業者が消費者に個人情報の削除を持ち掛け、現金をだまし取る相談が多数寄せられています。

不審な電話が掛かってきたり、おかしなことに巻き込まれたと感じたりした場合は、ひとりで抱え込まず、信頼できる周囲の人や消費者ホットライン、警察などに相談しましょう。

消費者庁HP

※注意 
 南アルプス市では、介護保険法に基づき、市民の支援施設である「地域包括支援センター」を設置しています。また市内の介護事業所等には類似の名称の事業所もあります。いずれも本件とは無関係ですので、同一または類似の事業所と間違えないようご注意ください。

相談窓口

 ◎消費者ホットライン  電話番号 188
 ◎警察相談専用電話  電話番号 #9110

お問い合わせ

南アルプス市消費生活センター
南アルプス市役所 みんなでまちづくり推進課内
電話 282-7323