トップ Multilingual 日本語 防災

防災

更新日 2010年12月01日

地震

日本は地震の多い国です。近い将来、「東海地震」という大きな地震が起こる可能性があります。大きな地震が起こると、土砂崩れ、家屋倒壊、津波、火災などさまざまな災害が発生します。地震はいつ起こるかわからないので、日頃から準備をしておくことが大切です。

地震が起きたら

  • テーブルや机の下に入り、落下物から身を守る。
  • 玄関ドア、窓を開け出口を確保する。
  • すみやかに火の始末。コンセントやガスの元栓の処置を忘れない。
  • あわてて外に飛び出さない。
  • 素足で外へ出ない。歩いて避難する。持ち物は、必要品のみにする。
  • 崖や川岸、狭い路地、壁ぎわには近づかない。
  • 正しい情報を聞く。周りの人と協力し合って応急救護をする。

日頃の対策

非常持出品

大きな災害が起こったとき、数日間は自分たちだけで過ごせる準備をしましょう。リュックサックなどに必要なものを入れて、いつでも持ち出せる場所に備えておきましょう。

必要なものの例
携帯ラジオ(予備の電池を忘れずに)、水(飲み水はひとりにつき1日3リットルを目安にする)、医薬品、懐中電灯・ろうそく、ライター・マッチ、保存できる食料品、軍手、防水シート、衣類、筆記用具、貴重品(現金、通帳、パスポート、外国人登録証、など)

家の中の安全対策

  • 家具は金具などで固定しておく。テレビ、ピアノなどはロープなどで柱に固定する。
  • 家具の転倒防止のため、重い家具はなるべく1階に移動させる。
  • 寝室、幼児・お年寄りのいる部屋には、なるべく家具を置かないようにする。やむを得ず寝室に置く場合は、家具が倒れたときに下敷きにならない場所で寝る。
  • 部屋の出入り口、廊下、玄関のそばには、家具や荷物を置かないようにする。

家の周囲の安全対策

  • 不安定な屋根瓦やアンテナがないか確認する。
  • プロパンガスのボンベを鎖でしっかり固定する。
  • ベランダにある植木鉢などは下に落ちない場所に置く。
  • ブロック塀や門柱は、土中にしっかりとした基礎部分が無いもの、鉄筋がはいっていないものは危険なので補強する。ひび割れや鉄筋のさびも修理する。

避難場所の確認

地震が起きたときに避難する場所は、住んでいる地区によって決まっています。自分の避難場所がどこにあるか確認しておきましょう。

災害用ダイヤル

災害時には多くの人がいっせいに電話を利用するので、一般の電話がつながりにくくなります。そのようなときに、被災地にいる人が録音した安否の情報を聞けるサービスが「災害用伝言ダイヤル171」です。

災害用ダイヤル

災害用伝言ダイヤル171のほか、携帯電話会社でも「災害用伝言板」のサービスがあります。

あなたの地区の広域避難場所(施設)

お問い合わせ先

危機管理室
電話番号/ 055-282-6494

English |  Português |  中文