トップ 暮らしの情報 ライフイベント 妊娠・出産 妊婦さんの健康診査

妊婦さんの健康診査

定期的に健診を受けて、すこやかな赤ちゃんを産み育てましょう。

更新日 2017年03月21日

妊婦健康診査

妊娠おめでとうございます。

健やかな出産のために、妊娠中は「定期健康診査」を必ず受けましょう。

定期健康診査について

妊婦健診は、お母さんとおなかの赤ちゃんの健康を守り、妊娠が順調かどうかをチェックするものです。特に気がかりなことがなくても、妊娠中はからだにいろいろな変化が起こるので、普段よりも一層健康に気をつけたいものです。

少なくとも次のような間隔で定期的に確認していきましょう。

妊娠23週(第6月末)まで
4週間に1回
妊娠24週~35週(第7~9月末)
2週間に1回以上
妊娠36週(第10月)以後出産まで
毎週1回

妊婦健康診査では、血圧・体重測定・尿検査(尿蛋白・尿糖など)・腹囲・子宮底の計測・貧血等の血液検査などを行い、浮腫(むくみ)がないかどうかについて確認します。赤ちゃんが順調に発育しているかどうか、心拍数の確認や超音波検査エコーが行われる時もあります。

妊婦一般健康診査受診票

南アルプス市では、母子健康手帳交付時に妊婦一般健康診査受診票の交付をしています。
妊婦一般健康診査受診票を有効活用し、計画的に妊婦健診を受診しましょう。

公費負担額

受診票の種類 公費負担額 回数 備考
妊婦一般健康診査受診票(白色) 1枚につき上限6,000円 14回  
HTLV-1抗体検査受診票(青色) 上限2,290円 1回 妊婦一般健康診査受診票と同日に利用
クラミジア抗原検査受診票(黄色) 上限1,920円 1回

注意点

  • 受診票は、山梨県内の医療機関のみ使用できます。(ただし、一部利用できない医療機関もありますので、事前に受診される医療機関にご確認ください。)
  • 原則として、受診票の再発行はいたしません。大切に保管してください。(ただし、紛失された場合には、健康増進課へお問い合わせください。)
  • 必ず1回目から順番にご利用ください。
  • 助成限度額以上にかかった検査費用や妊娠確定検査及び精密検査等の費用は自己負担となります。
  • 受診票は今回の妊娠に限り利用可能です。余った受診票は破棄してください。

里帰り出産されるかたへ

山梨県外の医療機関等で妊婦健診を受診される場合は、医療機関との契約が必要となります。
手続きが必要になりますので、初回受診の1か月前までには健康増進課へご相談ください。

お引越し等予定があるかたへ

  • 南アルプス市外へ住所を変更した場合には、受診票を利用することができません。新しい住所地にお手元にある受診票を提出し、あらたに受診票の交付を受けてください。
  • 市内で住所を変更された場合(転居)、氏名が変更になった場合には、受診票の差し替えをいたしますので健康増進課までご連絡ください。

お問い合わせ先

健康増進課
山梨県南アルプス市飯野2806-1
南アルプス市健康福祉センター
電話番号 055-284-6000
FAX番号 055-284-6019
メールでのお問い合わせ