住民票の除票

子どもが就学・就職で市外に出る場合、家族のどなたかがお亡くなりになったなどに住民票を異動や除かなければならない場合の手続きについてご案内します。

更新日 2010年02月16日

住民票の除票について

住民票の除票とは、世帯員の全員が、市外に引越し(転出)したり、亡くなったりして除かれた住民票のことです。
住民登録がなくなってから5年間保存されます。その間は通常の住民票と同様に請求できます。

除票の交付請求

請求できるかた
  • 本人または本人と同一世帯のかた
  • それ以外の第三者
窓口に来られるかたが第三者の場合(同じ住所の親族でも別世帯の場合は、第三者扱いになります。)は、代理人選任届(委任状)と身分証明書(運転免許証、パスポートなど官公署で発行した顔写真付きのもの)が必要です。また、代理人選任届(委任状)については、本庁舎と各支所窓口サービスセンターにお問い合わせください。
手続きに必要なもの
  • 印鑑
  • 本人確認ができるもの(運転免許証、パスポートなど官公署で発行した顔写真付きのもの)
  • 委任状(代理人に請求及び受領を頼むときは必要です)
窓口での本人確認にご協力ください。
  • 1種類提示で確認ができるもの/運転免許証・パスポート・顔写真付き住民基本台帳カードなど
  • 複数提示で確認ができるもの/健康保険証・年金手帳・社員証・学生証など
    (詳細につきましては「戸籍・住民票の窓口での本人確認について」をご確認ください。)

    これらの資料がない場合は窓口にお申し出ください。
手数料
住民票の除票/1通につき300円
交付請求書に記入すること
住民票の写しなどの交付を請求されるときは、請求用紙に「使用目的」を記入していただくことになっています。
これは、プライバシーの侵害など不当な目的に住民票の写しが利用されることを防ぐものです。このため、使用目的がプライバシーの侵害や差別的事象につながる恐れがあると認められるときは、請求をお断りさせていただくことがあります。
  1. 請求する人の氏名・住所・生年月日・電話番号(日中に連絡できるもの)
  2. 住民票の写しまたは除票を必要とする人の世帯主氏名及び住所
  3. 請求事由
    何のために使用するか、目的や提出先などを書いてください。請求の事由によっては、応じられないことがあります。また、住民票に記載されている人及び同一世帯に属する人が、請求する場合は不要です。
  4. 世帯員の全部または一部の別と通数
    世帯の一部の人のものが必要な場合は、その人の氏名を記入してください。
  5. 続柄・本籍の記載の有無
    自動車運転免許の取得・更新などには、本籍の記載が必要です。使用の目的により申し出てください。
法人による請求の場合、請求書に代表者印・社印等を押印してください。

窓口にお越しになれないときは

郵送にて住民票の写しを請求する場合は、「郵送による戸籍・住民票の写し等の請求」をご確認ください。

その他の市区町村の住民票の写しを請求する場合

南アルプス市では、本人または本人と同一世帯のかたに限り、その他の市区町村に住民登録されているかたの住民票の写しも発行することができます。手続きには、印鑑、運転免許証やパスポートなど顔写真付の官公署発行の身分証明書が必要となります。
詳しくは、「住民票の写しの広域交付請求」をご確認ください。

お問い合わせ先

戸籍市民課
山梨県南アルプス市小笠原376
南アルプス市役所 本庁舎 1階
電話番号 055-282-6094
FAX番号 055-282-6096
メールでのお問い合わせ
 
Get Adobe Reader
 
    PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているADOBE READERが必要です。お使いのパソコンにインストールされていない場合は、下のバナーアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。